サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
2016年 受益者総会 横浜大さん橋 伺いました#5 パネルディスカッション
2016年10月20日 (木) | 編集 |
■パネルディスカッション
 ・カヤック 柳澤さん
 ・サイボウズ 青野さん
 ・マザーハウス 山口さん
 ・ユーグレナ 出雲さん


出雲さんは優しい方で30分あると話していたがしっかり終わらせて頂いた。
カヤック柳澤
 鎌倉愛がすごくて、本体が日産の近くにある。あそこに250人くらいいるが、鎌倉に250人くらいは入れる場所がないが
 IRをうって鎌倉に戻ってくることになった。
 今回、お客さんが一番聞きたいのが葬儀事業に参入した。

カヤックさんがどういくのか不安であったり面白法人の今後の展開を教えてほしい。

一つの考え方として永続していくにあたり、ひとつに絞るとハッピーですがもともと多角化して、世の中に対していろいろなサービス
をやってきている。
組織としては職種を絞っていて、ほぼクリエイターがおおい。
そのなかで、子会社ができたり新規事業ができる、クリエイターが少ない場合、クリエイティブであれば本体の事業とシナジーが出せればOK。
今ほとんどの結婚式はぜくしーを見て、基本的に式場選びから入っている。それだけだと物足りない場合がでている。

お花に囲まれた式場がどこなのかはわからない、感覚のわかるウェディングプランナーに提案している。クリエイティブに優位性がある。
3つ目は人になる。6,7年ウェディングでは足りているメンバーが入ったことがある。

病院で死にたい、家で死にたい、大きな葬儀をしなくていい、選択肢が増えてきたのもいい。自宅に特化した葬儀社が少ない。
鎌倉自宅葬儀社という名前、名前が安いとかではなく家の中で温かい葬儀を、じっくりしたい。


上場の目論見書に普通、売り上げと利益が来るのですが
 最初に理念に1ページ使っていて戦っているなーという感じがあった。


■サイボウズ青野さん
 サイボウズさん本当に面白いことをやられているなーと思って投資をするときに、悩んだ。
 青野さんが最初から利益を出さないと話している。利益を出さない会社に投資会社が投資をするのか。
 これが面白い。利益は出ちゃう。決算短信を見るとわかる、利益を消していくいいチームを作るために
 利益を作っていく。

 サイボウズって去年初めて赤字で、創業して1年目から赤字になっている。売れてくるまで赤字なので初年度から利益が出ている。
 サイボウズがなくなってもそんなに困らない、場合によってはいい企業で転職してく。

 サイボウズなんて飛んでもいいやと思った。そうすうrとちまちま税金を払うよりももっていい流れが作れた。

■新井
 青野さんのモデルって利益が出たものを社会還元していくのはアマゾンだなと持った。
 アマゾンは世界征服をインフラで握っていくために利益をすべて投資していく。
 青野さんは社会還元したらどうなるのだろう?今事業をしているいいチームを作っていくための
 仕組みぐくりにお金を出していく。
 だから安いうちに買っていこうという発想


■マザーハウス
新井
 最初に伺いたいのが、バングラディッシュで残念なことが起きて、お客様に状況を教えてほしい。
山口
 私たちの工場はダッカから2時間離れた、シャガルで直接的な被害はない。ジャイカの委員会に参加しているが
 10月末まで参加できない、私たちの工場は影響なく生産できている。


■ユーグレナ
 それは市販品らしいとうかがった、980円で楽天で買っている。

 山口さんのところの名刺入れを使っている。最高の名刺入れになっている。ユーグレナとマザーハウスの
 ダブルブランドになっている。
 お客さんに緑色の名刺入れが素敵ですねといわれる。マザーハウスのは餅が違う、まったくほつれない。
 私が18年前のアールン?のTシャツは、勝手にほどけていった。

 技術的にバングラディッシュのは未熟だから買っているわけではなく一番緑色のいい名刺入れだった。


新井 
 山口さんから見たユーグレナさんのイメージがあれば

青野さんと柳澤さんでお互いどう見えますか?
 サイボウズさんは老舗の会社の中で紆余曲折あったのは存じていなかった。
 急に青野さんに変わって、利益を出さない上場企業でそういう意味では、かなりの注目されている。

青野さん
 BtoBなので硬い企業になっている。サイコロ降って面白い企業だなぁと考えている。
 カヤックさんのクリエイターさんを僕らのような方いい企業にはない文化

株主総会で、責められたりしませんでしたか?
 1,2年くらい責められました。


株主総会もお客さんもそうですが皆さんFunなんですよね。そこは出雲さんの株主さんもそうですよね。


ジュエリーも始められたということで、アフリカという話も出ていましたがどこまで広げていきたいのか?
これからの展望と、山崎さんとのコンビ、二人で経営していて山崎さんの紹介もしていただけると助かります。

山口>
 山崎は大学の時の1個上で、慶応大学の3年の時に4年で竹中平蔵ゼミのリーダーをやっていて、そのゼミは財政や金融の
 研究でをやっていて私は一人開発貧困でバングラの研究していて、その後山崎は、ゴールドマンサックスのエコノミストで
 バックが160個できたよと話したときにスターバックスでマザーハウスって会社をやりたいんだ、少しお金が足りないんだという話をして、。
 一緒に250万円で立ち上げて、ゴールドマンサックスを3年で辞めて参加、生産と販売で、私は生産を行い、山崎は組織の管理、販売を行っている。

新井>
 この二人がそろって講演することは本当に少ない、本当に特別な場になっている。
 山崎さんからみた山口さんを聞いてみたい。

山崎>クレイジーなまでの突破力、本当に私に持ていないものを持っている。バングラ、ネパール、インドネシア
 どこにいっても職人さんに飛び込んで本当に職人の可能性を信じている。途上国の可能性を信じきっている。
 山口は職人の飛び込んでぐっとハートを掴んでいる。
 先程から敷いつもんを頂いていますがデザイナーの山口がデザインしている。日頃6,7割現地に行って走り回っている。

新井>この1年で僕らがうれしいことは本当にいろいろあった。
 出雲さんも投資させていただき青野さんも投資させていただいた。
 山口さんのところは、上場していませんから信頼関係の話から有る。山崎さんがもともとゴールドマン
 サックスにつとめられていた。一番最初疑いの目で見ているこんなことが
 成り立つはずがないという目で見ていた。こんなことはないだろうと根掘り葉掘り聞かれた。
  
 金融に問題意識があってそういうのを知ったうえでIPOを考えていない、最初、いい会社に投資をするだけでリターンが出ますか?
 悪いことに投資をしたほうがいい研究結果もある。

 いい会社にだけ投資をしていいリターンを出しているってどういうことなの?実はそんなに簡単なことではなかった。
 鎌倉の本社に伺って、2時間位横にへばりついて、自分の持っている金融の知識を持ってぶつけた。安全安心に管理していることを確認した。
 結局いいサービスはいいプロフェッショナルが必要だと感じた。
 僕が山口を説得して、山口を連れて行った。日本にいないので、そういう話を聞きに鎌倉に行くよといわれた。

新井
 二人できていただいた。最近、上場していない会社は、社員に説明をしてもらい、社員が投資委員会を開く。
 山口さんの強い思いにうちの社員の全員引きこまれ、多くのマザーハウスさんの商品も買っている。
 
 
会場から信用とは?
 青野さん:うそをつくかどうか、信頼の枠から外れちゃう
     すいません、寝坊しましたという時に、あほはOK、うそはダメ

 出雲さん:社会に貢献するベンチャーです。サイエンスの世界ではこの人がうそのデータを
    出してくるとはだれも考えていない。
    ある程度の科学的結果をもとに信なくば何も立たない。

 山口さん:製造小売りを形で示していきたい、たくさんの人が途上国の可能性を表現したい
    プロダクトで表現する、モノを見ていいただきたい。品質だけではなく、デザインも更新する。
     春秋の新作は工場でベストを尽くしている。

 僕らは性善説でやっている何でやるか?ベンチャーに近ければ近いほど傾斜がすごい大事になってくる
 数値化できない。ただ、この人はうそをつかない。この人は信じられる。


2016年9月9日 京都国際会館で行います。

テーマは匠となる。体験型の匠を用意している。
 多様性。

■日本で一番投資したい会社など、鎌倉投信に関する書籍とか



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック