サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
2016年 4月の有価証券メモ
2016年05月02日 (月) | 編集 |
2016年2月も激動でしたが、2016年4月は激動の1ヶ月でした。

定期や債券が満期になったため買い替えました。

■4月の買付け、移動など
4/25 SBI銀行の定期預金解約
 100万円分が金利0.13%で運用していたため、定期預金を組んでいましたが口座の定期預金として自動継続されており、金利が0.03%と100万円預けても300円しかつかない状態でしたので、解約しました。
 →解約した費用でそのまま株式やリートを購入しました。以下の2件を購入
  新規購入  キユーピー 100株×2795円
  新規購入  日本リート 2株(口?)×288,163円


4/27 SBI債が200万円分満期になりました。
 SBI債の満期ということで債券ファンドを中心に買って行きました。
 12万円 NISA枠  DIAM-DLIBJ公社債オープン(中期コース)
  70万円 特定口座 三井住友TAM-CBオープン
  60万円 特定口座  DIAM-DLIBJ公社債オープン(短期コース)
  60万円 特定口座  DIAM-DLIBJ公社債オープン(中期コース)

資産の増減(マネーフォワード:それ以外にもローン返済用口座、給与振込口座などがあります。)
 2016年3月末 29,780,389円
 2016年4月末 29,196,529円 

■マネーフォワード上のアセットアロケーション2016年3月度
預金・現金  0.5%
株式(現物) 79.2%
投資信託 19.2%
 (うちわけざっくり80%は国内債券投信、残りは株式投信)
国内債券  1.0%

■マネーフォワード上のアセットアロケーション2015年4月度
預金・現金  15.5%
株式(現物) 60.0%
投資信託 13.2%
国内債券  10.7%

■マネーフォワード上のアセットアロケーションの理想
預金・現金  15.0%
株式(現物) 60.0%
投資信託 15.0%
国内債券   10.0%
または、 投資信託 25% 国内債券は、社債、国債のため買付けが
できない場合、投信で運用します


こうしてアセットアロケーションを見てみると変なタイミングでアクセル
を踏んで、4月末の下落相場に入ってしまった印象。


4/28 幾つかのニュースにより、実際の企業が利益が出ていないとの声もありました。
 ■ファナックの連結純利益がマイナスへ
 2016年3月 前年比純利益率 -23.1%
 2017年3月 前年比純利益率 -41.3%

 電機メーカーも似たり寄ったりではなく様々な様です。
 ただNECの当期純利益について見てみると退職金の割当が減っているだけですので、来期以降それほど構造が
 異なるわけではないので基本的にFでもNでも変わらないのかなと思っています。

 ■ 富士通 連結経営成績 当期包括利益合計 -97.8%
 以下URLより
  http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2015/pdf/01.pdf

 ■ NEC 連結経営業績  当期純利益 37%
 以下URLより
  http://jpn.nec.com/ir/pdf/library/160428/160428_01.pdf
  

■所感
 インカムを増やしながら、資産を増やすという意味で2016年4月にはじめて国内REITを買いました。
 日本リート法人(3296)を、2口購入しました。想定利回りは4.9%以上となっています。リートに関しては、
 タコ足配当ではなく企業への収益を基に分配されますので無理をしている商品ではないかなと思っています。
 ただし、NAVが低い商品を選ぶことや保有ビル数が多い商品を選ぶことが重要かなと思います。

 キユーピーは、以前所有していましたが一旦売却してしまいました。1年ぶりに買い戻しです。
 キユーピーは、4月に各証券会社によって色々レーティングをつけらていましたね。
  UBS証券(3段階・Buy>ニュートラル>Sell)、キユーピー<2809.T>――「ニュートラル」→「Buy」、目標株価3280円→3300円
  大和証券(5段階・1>2>3>4>5)  キユーピー<2809.T>――「3」→「2」、目標株価2600円→3100円


■ふるさと納税
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック