2016/02/01

忙しすぎてブログメモをかけないうちにネタ的な鮮度が落ちてきた話メモ。(ヴァンネット)

忙しすぎてブログメモをかけないうちにネタ的な鮮度が落ちてきた話メモ。

Google検索「内藤忍 ワイン」について
以下URLをクリックしてみてください。
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&rlz=1C1CHMO_jaJP580JP580&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E5%86%85%E8%97%A4%E5%BF%8D%20%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3

何か騒ぎになっているので少しメモします。
市況かぶ全力2階建さん
 内藤忍さんイチオシのワインファンド「ヴァンネット」、自転車操業がバレてピンチ 

■日刊SPAさんより
 年利15%のワイン投資とは?◆アベノミクスで儲けたらワイン投資に回してみる?

 貯蓄が1000万円を超えたら、実物資産への投資も視野に入れたいという内藤忍氏。
 ワインファンドや個別のワイン銘柄購入による「ワイン投資」を自らも実践中だ。
 http://nikkan-spa.jp/540404

■関東財務局
 株式会社ヴァンネットに対する行政処分について
 http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp032000323.html

 抜粋すると以下の内容です。
 〇不正又は著しく不当な行為を行っている状況
 当社は、欧州等において将来値上がりが期待されるワインを買付け、当該ワインの売却益の一部を配当することを内容とする権利(以下「ファンド」という。)の取得勧誘を行っている。
 当社から提出された報告書等によると、当社は、これまで複数のファンドの取得勧誘を行っているが、過去に償還を迎えたファンドにおいては、別のファンドの資金を流用することにより、実際の運用実績とは異なる高い運用利回りで償還金等を支払っていた。さらに当社は、こうした状況を認識しながら、新たなファンドの取得勧誘を行っていた。

 ここまで。

■内藤さんとヴァンネットの繋がりメモ
 上記のようなことがあるのか確認してみました。
 http://www.his-j.com/kanto/corp/group/inspection/investment_journey/fra/
 割とわかりやすいのがこのホームページでしょうか。 
 内藤忍といく、5泊7日フランス・ボルドーワインファンド視察ツアー。

 ポイント1:ツアー全行程に内藤忍氏とヴァンネット社代表の北田朝雪氏、エグゼクティブバイヤー高橋淳氏が同行
 ポイント2:ヴァンネット社がコネクションを持つ、ボルドーの有名シャトーの一般観光客が入れないエリアでの食事会を開催

 また対象のHP新彼用ん添乗員について書かれていました。
 同行しません。現地係員がご案内いたします。
 日本から内藤忍氏とヴァンネット社代表の北田朝雪氏、エグゼクティブバイヤー高橋淳氏が同行いたします。

 ここまで

■気になること
 ○過去にワイン投資、ヴァンネットを紹介しているが、内藤忍の公式ブログの中では、2015年12月25日から、2016年1月24日までに一度も触れられていないこと。
 過去、彼のブログの中でワイン投資について触れているのは2015年3月に「ワイン投資は、マイナーだからチャンスがある」のみであること。割りと都合が悪くなると説明できなくなるよう。

■自分のワイン投資やその他の投資について
 もちろん自分は投資をしていません。
 当たり前のことですが以下の様な内容をチェックしてから投資することが良いとおもいます。
 ○過去において発生した事象か
  →過去においてワインの利回りなど明確に示されていません
 ○公開されているか
  →ワインの利回りは公開されていません
 ○利回りが確定している商品は基本的にない。
  →リスクが低く、リターンが高い投資は基本的に詐欺
 ○リスクが低くリターンが高い商品が何故自分に回ってくるかを考えること
  →儲かる話が優先的に回ってくることはない。
   本当に儲かる話は業者内で全て買い取られている。

 全体的に投資をする際の販売側と購入側で情報を持っている情報量の差を利用したうまい詐欺ですね。


■広瀬さん関連の書籍になります
 

コメント

非公開コメント