2015/05/02

鎌倉投信 春の運用報告会に伺いました@後半

鎌倉投信 春の運用報告会に伺いました@後半


訪問日 4月18日 土曜
場所  鎌倉投信本社@鎌倉
説明  運用部長 新井和宏


 TOPIX年間リターン 実績9.7、 ゆい11.2
 
 直近 リスク4.5% 4位/379本
   シャープレシオ 3.35 33位/379本
 
  なぜ悩んでいるか、バブルの時は右肩上がりの相場になっている。
  
 下落リスク管理、今まで相場が上昇しているなかで低下していっていると話していた。
 これからはいくらまで下落するかで計算した。今持っている株数に企業の純資産価値。それに社債の簿価と現金を足したものに変更した。

 そうした場合に、下落リスクが存在する。実際は3割くらい下落する可能性がある。悩みにつながる。マーケットのリスクそのものが低下してきていたので、まだリスクをを上げるかどうか。マーケットが急落するリスクがある。
 組入れは今まで通り増やしていくが、株式を増やしただけ、TOPIXの先物で売り建てる行為を背樽を得ないかなぁと。
 これから先が怖いかなと感じる22000円などは理解不能になってくる。午前中お客様に説明した際にはこう説明すればいいと思った。短期的な調整は特別に期間限定で入れる。平常時になると今まで通りに戻る。
 上がっていくと損が出るわけではない、日経平均が22000になると10%上昇するが、鎌倉投信の結いは4%しか上がらないがいいかという話。
 そういったものを今まで避けてきた。複雑なものを提供すると胡散臭いからだましているっぽいから。そういう手法を今まではやってこなかった。お客様がどう思っているかの意見をアンケート用紙に書いてほしい。
 
 アンケート用紙に記載してほしい。直販は対話しながらできるればと思っている。
 分析してFit感があればTOPIXをショートをすぐ行うわけではなく検討していきたい。株式を増やさざるを得ない。これ以上増やすことに悩んでいる。企業の価値は順調に増えている。3月決算の数値がまだ開示されていない2月は小売りがたくさん決算結果がでている。3月はこれから。
 企業業績5%プラスインフレ分をリターンとして出していきたい。

 今、企業業績以上に株価が上がっている。時間がかかれば問題ないがペースの問題と理解してもらえればいい。短期的に何らかの手立てを打たないといけないという認識。

 社会性指標(社会的課題)
 
 いい会社訪問、べるぐあーす、池内オーガニック。
 今年また今治に行く予定、日本環境設計の工場が今治にあるため今年また今治に行く予定。

 ヤマトホールディングス4,5月にも行く予定。ヤマトやほかの会社に訪問でいけないか?
 一個失敗事例、亀田製菓はダメだった。亀田製菓さんは工場に見学ルートがない。今はぼろぼろの向上のため遠慮させていただくとなっている。
 今年のスケジュール、7月にアイケイケイさんと内山ホールでぃぐすさんを予定している。決まったら連絡する。
 トビムシの奥多摩のツアーを企画している。奥多摩から定期開催にするよてい1回目いかなくても2回目、三回目の定期開催のツアーが出来上がる。
 受益者総会が9月5日に京都で行われる。その時に、次の日に池内タオルのオーガニック店に行くツアー。池内さんの京都店に訪問する予定。

 宿の問題があるってお客様から伺っている旅行会社が握っている。旅行会社経由だと取れる。
 一応、いろいろ配慮して10時くらいかなぁと考えている。なるべく前泊がないようにしたいなど考慮して時間は組みたい。
 
プラプラプロジェクト
 バックトゥーザヒューチャーの中でデロリアンの車が出てきて日付が10月21日、デロリアンを走らせるイベントがある。あの映画でごみを入れて、車が走る。2007年岩本さんが創業した際にそれをするんだということがそれを狙ってやっている。皆さんに楽しむ権利がある。
 そのイベントにぜひ参加してほしい。受益者総会の時に岩本社長を連れてくるのでぜひ聞いてほしい、楽しむ権利がある。我々からすると、彼らア作ろうとしている分別しないでいい技術。かといってエフピコさんがやっているトレーの分別との共存がこれからの課題。
 これかどういう風に構築していくか循環型社会の社長がずらっと並ぶそのほかにトレジャーファクトリーなど。
 今年運用開始から5ねえん一つの冊子を配る予定にしている。約20ページの冊子を配る予定。この冊子は受益者総会当日のみに配る予定。印税でやっても1000部くらいしかもらえない。
 冊子は日新堂印刷に依頼する。

 プラプラの強みプラスティックをエタノールに変える。
 エフピコはトレーからトレーマテリアルリサイクルといわれる。
 家庭ごみを回収している燃やして、サーマルリサイクルといわれる。
 日本環境設計さんはケミカルリサイクルといわれる分野になっている。
 ケミカルサイクルのプラント議場は失敗してきている技術レベルが低かったこともある。基本的には液体をかけて液状化して2000年ごろに相次いで事故が発生した。わかりやすいのはペットボトルがほかのぷらより粘性が高い。開けると400度に熱せられているからいきなり火がついて開示になってしまうのでいったん、ケミカルリサイクルはやめた。
 危険性があるので、いったん熱して、ガス化した。
 期待になったものを触媒をかませてエタノールにする技術を実用化したのが初めて。こういうプロジェクトでイオンとイトーヨーカドーが一緒になるプロジェクトになった。
 このプロジェクトでこのリサイクルイベントを開くと売り上げが4%伸びる。これだけで。つまりやらないと負ける。降りたもの負けになるのでやらざるを得ない。
 

 芽室町
  エフピコ取引先に障碍者雇用をしてもらうことを始めた。根室ではありません芽室。
  十勝の人の居酒屋での話はどこか土地が余ってないか、アメリカのように機械で行うのが当たり前。あればもうかる。基本的にJA王国、芽室町役場よりもJAのほうが大きい。
  今回ここを利用して行うことになった。
  プロジェクトのきっかけ。
  1.株式会社クックちゃチャム
   障碍者の雇用を拡大したい。十勝弊社に自社農園を
  2.芽室町役場
   この街に生まれ育った障害のある子の働く場を作りたい。

  エフピコが取引先を応援するということd始まっている。
  クックチャムさんのすべてのトレーをエフピコさんにしている。

  九神ファームめむろ

  新居浜 一人一人お味噌汁を別々に作っている。クックチャム

  厚生労働省としては成功モデルとして取り上げざるを得ない。村木さんが押している障碍者雇用は、根室町とつむらさんとなっている。きちっとして完璧。
  障碍者手帳をかえすのは、障碍者雇用をあげ用としているから意味がないはずが、それ以上となっている。
  
 現金を増やす時の根拠が明確にない。運用方針などとの整合性が取れなくなってくる運用の安定性、持続亭、継続性新井の恣意的判断はできるだけ減らしたいと考えている。全体の中で最適なものを選びたい。
 複雑なものは胡散臭い、先物をつかうとよくわからなくなるので、、さすがにという状態まで我慢はしたいと考えている。GWに22000円、23000円までいくとというのが正直な気持ち。目先でなるのはお客さんが持っているリスクが高いというのはある。
 どれ蔵に料を行うか慎重にやりたいが、時期的には不安が増える。
 かい離の幅に対して下落リスクを抑制するのはこれくらいとルールが決まる。


コメント

非公開コメント