サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
疲弊と疲労
2015年04月12日 (日) | 編集 |
働いていて疲れたーっと、「疲労しているな」と「疲弊している」が
違う様に思え、検索しました。


http://minamuraria.blog37.fc2.com/blog-entry-388.html


疲労と疲弊の違いについて。

疲労とは、疲れることです。
疲弊とは、疲れて弱ることなんです。






短期的には疲労ですが、長期的には疲弊でしょうか。
短期間で疲弊してしまうと、随分と忙しい仕事や付き合だと思います。


・前向きに対処できるか
・孤立しているか

など、気持ちのつかみかたによっても疲労と疲弊は発生しそうですね。

少し対策を考えてみる
 第一三共社ホームページより引用
 http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/health/symptom/05_hirou/index3.html

●医療機関での受診をおすすめする場合

疲れやだるさが長く続く場合や、発熱、顔色が悪い、尿や便の異常、体重減少、咳・痰・息切れ、むくみ、不眠や意欲低下などほかの
疾患が疑われる場合は、医師の診察を受けましょう。
休養しても回復しない疲労は、貧血、更年期障害、シックハウス症候群、慢性疲労症候群(CFS)などの疾患の可能性があります。
また、心肺機能の低下、肝臓や腎臓の機能低下、がんや糖尿病による栄養状態の悪化でもだるさを感じます。

●セルフケアできる場合
過労や夏バテなど、疲れやだるさを起こす原因がわかっていて、ほかに症状がなければ、休養や栄養補給などの
セルフケアで様子をみましょう。

疲労回復を助けるビタミンは組み合わせで効果が大幅アップ!
ビタミン摂取の理想的な組み合わせ
ビタミンE・ビタミンC 抗酸化作用がアップする
ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンB12 お互いの働きを高める
ビタミンB2・ビタミンB6 ビタミンB6がビタミンB2の働きを高める
ビタミンC・鉄 ビタミンCが鉄の吸収を助ける
ビタミンD・カルシウム ビタミンDがカルシウムの吸収を助ける




ではでは。本日は短めに

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック