サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
漫画でわかる株式投資 女子高生株塾 ポイチョイプロファクションズ
2015年02月19日 (木) | 編集 |
2014年に読んだ本の中でで、わかりやすかった本のメモです。
私のノートパソコンのローカルやエバーノートには何度かメモしていたのですが、わかりやすさの
伝えた方が難しくてなかなかブログにかけていませんでした。


■本誌タイトル:漫画でわかる株式投資 女子高生株塾 ポイチョイプロファクションズ

■表紙メモ
ちょっと胡散臭いくらいに表紙にアピールする文書が書かれています。

~表紙のサブタイトルとタイトル


一番売れている株の雑誌、ZaiのNo1人気連載が待望の単行本化。
「マンガで分かる株式投資!女子高生株塾」を読みました。

ホイチョイプロダクションズ

ホイチョイが専門家25人に徹底取材。
普通の投資本が書けないことも本音で書きました。世界金融危機以降に完全対応。

~表紙のサブタイトルとタイトルここまで

今まで話してきた本とは違いますが、入門書としてはいい本だと思います。

もし、人に「株」が何か?投資信託が何かを教える際に紹介したい一冊です。


ざっと目次は以下の内容になっています。


■目次
1.投資デビュー
 補習授業:まずはネット証券に口座を開設しよう!

2.株は人気投票だ
 補習授業:株の買い方、売り方の基本を紹介

3.グロースとバリュー
 補習授業:09年はバリュー投資の絶好のチャンス

4.配当&株主優待
 補習授業:金融のグローバル化日経平均の動きが変わった。

5.材料対チャート
 補習授業:インサイダー取引は絶対ダメ

6.PERとPBR
 補習授業:株は勝率が一番高いギャンブル

7.IPO当選の秘訣
 補習授業:楽天やミクシィも上場している新興市場とは?

8.デイトレード
 補習授業:複数の銘柄に分散すればリスクは軽減できる。

9.信用取引 少ない元手で大きく稼ぐ

10.先物とオプション
 補習授業:一定条件がクリアできれば、信用口座開設は簡単

11.世界の金融
 補習授業:人気の中国株など日本で外国株を買う方法

12.株の格言
 補習授業:実践で役に立つ、投資の格言を解説

13.M&A(合併と買収)
 補習授業:世界では大型のM&Aが増えている

14.決算書の読み方
15.決算発表
16.REIT
17.仕手株
18.MSCB
19.TOB
20.踏み上げ


最初に読んだ印象ですが、「全編マンガ」で書かれているますので、「わかりやすい」です。

1.投資デビュー
 補習授業:まずはネット証券に口座を開設しよう!


僕の考えに割と似ていることが、P15に書かれています。

学校に行く途中駅前に新しい銀行ができたのに気づいた。
バイトで貯めた20万円があり、銀行にお金を預けてもネット銀行でも「0.1%の金利しかつかない」、
銀行にお金を預けるのではなく、銀行の株を買ったという話から始まる。


今まで(本誌が発売された2009年)の15年前についてつまり1994ねんごろとの比較になるが、
次のように書かれている。

■古い時代(1994年)の株式取引の世界
 ・株の売買は証券会社に足を運ばなくてはいけない
 ・有力な株の情報も一部の専門家しか手に入らない
 ⇒一般人は儲けることができない世界


■今の株式取引の世界
 ・専門的な株の有力情報もオンタイムで手に入るようになった
 ・インターネットにより、株の売買は携帯やパソコンから可能になった
 ・ネット証券は人手がいらなくなり、手数料がタダ同然となった
 ⇒インターネットの出現で株は開かれた健全なゲームとなった。

■僕の考え
 ・株は企業利益へのアクセス方法。
  企業利益への投資であり、企業利益が増減すると投資家側の資産も増減する。
  ・イベントにより利益は変動する。
  ・これはインデックスファンドでもアクティブファンドでも生株でも一緒。

 ・インデックスファンドやアクティブファンドは投資先を決められない。
  ・普通の株式取引であれば得られる選択を失っている。


■年を取って働けなくなったら?
 年を取って働けなくなったら、十分な蓄えを持っている必要がある?
 日本は、働ける若者が働けなくった年寄りの生活費、年金を負担してきた。 

 海外では若者が年寄りを養う代わりに、自分の収入の一部で株式を買い
 株価ががって増えた分を老後の生活費に充てるという日本とは違った
 「年金制度」が定着している。

3.グロースとバリュー
 補習授業:09年はバリュー投資の絶好のチャンス

より
■バリュー投資とグロース投資について
■バリュー投資とは?
 いい会社やいい不動産を持っていて実質価値は高いのになぜかあまり注目が
 されていないので株価が安い会社というのがある。
 そういう実際の価値より割安な株だけを狙う株の買い方を「バリュー」投資
 という。

■グロース投資
 既に注目していて高値がついている株でも、成長力があってまだまだ上がり
 そうな株を狙う買い方をグロース投資という。


4.配当&株主優待
 補習授業:金融のグローバル化日経平均の動きが変わった。

 ■株には売りと買いとは別に持っているだけで得するものがある。
 一つは、配当
 一つは 株主優待


8.デイトレード
 補習授業:複数の銘柄に分散すればリスクは軽減できる。

 デイトレード、スイングトレード、ポジショントレード
 デイトレード 
  ・・・1日のうちに売買してしまう短期の取引
 スイングトレード
  ・・・ある程度の利幅を狙って買った株を数日間保有してから売る取引
 ポジショントレード
  ・・・数週間から数ヶ月の期間で行う取引


 複数銘柄に銘柄分散して株を持つことを「ポジションを持つ」という。
 数週間から数ヶ月の取引は普通複数の銘柄を適宜入れ替えながらつまり、
 ポジションを入れ替えながら行われるのためポジショントレードと言われる。
 デイトレはチャートのグラフのギザギザの細かさで利益を得ること。
 
 デイトレードの歴史は浅く、ネットで板が見られるようになったのは2001年以降、
 そのためスカルピングの歴史はどんなにベテランでも経験は8年が最高。
 スカルピングの場合は、難しい財務分析の知識なども不要。

 必要なのは勘と運動神経だけ、若者が大人と互角以上に勝負できる。

 複数銘柄に分散して、保有しておけば、保有している銘柄のうち一社が不調だった
 場合のリスクを低減することができる。

 
など記載されています。詳細は本誌を参照いただければと思います




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック