2015/02/15

2014年ファンドオブザイヤーについて

2014年ファンドオブザイヤーについて

ファンドオブザイヤーが行っている内容は、個人の投信投資家が「どんな金融商品がいいと思うか?」を投票する内容の喪になります。

この行事自体は金融機関が推奨する商品でないものに向いているベクトルは「いい」と思います。

ただし、本来、資産を分散する上で、投資対象商品の中に債券が入るはずですが、「債券ファンとがほとんど入らない。」
状態となっています。

このままですと、株式ファンドオブザイヤーになりそうですね。(一部バランスファンドが入っていますが、基本的には株式が多いですね。)



インデックス投資家は、「株式投信投資家」と捉えられそうで、むずかしいですね。
今までの傾向を見ているとこれからも、株式ファンドオブザイヤーになりそうですね。


後は、同じベンチマークをつかっていれば大した差はないのですが、同じベンチマークの商品がいくつも入ると残念な気がしてしまいます。

セゾンバンガードも、口座を減らしたい人からするとあまりありがたい商品て゛はないです。
私は、世界経済インデックスファント゛を推奨します。

同じベンチマークの金融商品の値動きは、大体同じです。
バランスファンドでひとつ口座はあまりメリットないと考えています。


全体的にやる気を削(そ)いでいるのではなく、債券ファンドってどうして投票されないのだろう?
もしくは、どんな債券投信神に投資している?を別部門投票にしてもいいかもしれません。


コメント

非公開コメント