サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014年9月お金の運用メモ
2014年10月07日 (火) | 編集 |
今年も残り3か月となりましたが、2014年1月からで感じたこと。


会社でのDC関連
⇒DCへの加入は、本来、いくつかのメリットがあります
 ・会社が拠出した分の掛金っは非課税
 ・運用益によって生じた収益は非課税
  (退職金控除等により非課税となる)

⇒企業DCの案内が来ましたがスキップしました。
 理由:退職時に一定期間内に個人型に移す必要がある。(面倒、60歳までは働かない予定)
    新興国株の金融商品がない、新興国株、債券を含んだバランス型が無い(商品が少ない)
    マッチング拠出ができない
    そもそも60歳満期まで働きたくない


NISA2014年度
⇒NISAは、個別株+全世界経済インデックスファンドを買い付けて
  満額使い切りました。

  非課税枠ですので基本的に使い切るのがベストと考えています。

  ただし、株式相場2011年、2012年と比較すると上がりすぎているため、
  あまりリスクをとらないことをお勧めします。

  住宅ローンを組むため頭金を作るためにいろいろ売却して資金を作りました。
  下落局面が今後発生した際の対処が不安定ですね。


僕自身の10月末時点でのキャッシュ比率は6.8%です。
(私がログインした際に見えるマネーフォワードより)

■マネーフォワード対象、非対象
 住信SBIネット銀行 →マネーフォワード対象
 SBI証券 →マネーフォワード対象
 GMOクリック証券  →マネーフォワード対象
 鎌倉投信 →マネーフォワード対象
 ひふみ投信 →マネーフォワード対象

※以下マネーフォワード対象外
 三井住友信託  →未対象(住宅ローン口座)
 みずほ銀行   →未対象(給与振り込み用)

■マネーフォワード上のアセットアロケーション
預金・現金   6.8%
株式(現物)  76.5%
投資信託 13.6%
債券 3.1%

■個別株式の組み入れ上位
 ・きちり
 ・クリエイトレストランHD
 ・ロックフィルド
 ・柿安本店
 ・共立メンテナンス
 (共立メンテとほぼ同じ評価額であいHD)

 こうして見て、今年から組み入れた銘柄も上位に入っている銘柄もいつか。

 全売却、 ネットワン、アダストリアホールディングス

■その他
 2014年鎌倉投信受益者総会に出席しました。
 こちらは投信会社の爽快ですが特に儲かる儲からないとか気にするよりは
 今起きていることを鎌倉投信の観点を「知る」ということを観点に参加しました。

 
■配当パワー関連
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。