2014/07/25

三井住友信託「住まいと資産のなるほど講座」に伺った際のメモ

三井住友信託「住まいと資産のなるほど講座」に伺った際のメモ
私自身が住宅ローンを三井住友信託さんで組んでいる関係で、今回は伺いました。
場所は、パークハイアット 東京 39階「ボールルーム」 でした、普段のネット証券セミナーからは想像もできないような広くてきれいな(様は慣れていない)会場でセミナーに伺いました。

場所:パークハイアット 東京 39階「ボールルーム」
日時:平成26年6月28日(土)
   午後1時~2時30分(開場 午後12時30分)

コジマジックとNISAについて

=======================================


■初めに

銀行の定期預金では資産を増やすことが難しい時代になっている。
今後のライフイベント育児、教育、将来のすみかえなど今後の資産づくりに着目いただければと思います、
そうした中でNISAも有効な手段の一つですので深く聞いていただければと思います。
普通の銀行との違いは普通の銀行はお金しか扱わないが不動産や遺言信託も扱っている。そのほかに教育信託なども扱っている。お客様からのワンストップで対応するのが信託銀行の特徴になっている。

お客様に耳寄りな情報を提供させていただく。資産運用をはじめとして様々な運用をさせていただければと思っている。
=======================================

■収納王子こじまじっく先生
簡単なプロフィールOKとしてでビュー数々の賞を受賞 収納セミナーを実施、現在は収納グッズを開発。テレビ番組フジテレビ、東海テレビなどのレギュラーを持つ。

こじマジック
1回の予定の講演を三回依頼された。一瞬心とした笑 思ている感じと違った。
8割くらいが女性のセミナ=なことが多いが、今回はぱらぱらとだんせい。

朝の番組やお昼の番組にでることが多いので旦那さんは知らないことが多い。
普段は芸人として二人で活動している。整理収納アドバイザー 最近主婦に人気の資格。
2級とって1級とって、今、認定講師になっている。そのほかに住宅空間プランナー認定講師になっている。

ノンストップやヒルなんですにでている。
全国各地に収納せみなーにいっている。自分が片づけられないことを遺伝だとおもってえる人がいる。
→間違っている

関西のお母さんから血液型を聞かれたA型だからできると思っている
→血液型は関係ない

なにか? →環境、住んでいる環境になる。
小さい子供に片づけを教えるのは、パパ、まま学校片づけ方法を学んで子供ができる収納を考えてあげる。
→収育
しゅういくを行って欲しい。興味を持っていただくためにこういうのをみせたい。
玄関からいい気を取り入れないとだめ
パワースポットブームなどがあったまずはおうちをパワースポットにしないといけない。

玄関収納
→玄関の棚にくるくるドライがおいてあったりシャンプーリンスがある。
玄関兼脱衣所になっているお客さんがいた。収納にはこつがある。
整理収納のこつ
1,出す。
2,分ける。
3.しまう
収納スペースに使わないものを入れる。自分が使うものは自分の周りにおく
棚を買ってきて のループがはじまる。
一番よく使う引き出しをやってみて欲しい。
これは言いこれがだめの間引きはだめ。目の前に一つの山を作る。ものの量を再確認する意味で出す必要がある。
出したら分ける。意味で受け取る場合おく卯がある、いるものいらないものに分けるとハードルが高い。
これはいる、これもいる。これもやっぱりいる、いるが出てくる。

使っているか使っていないかで分ける。使っていない=捨てるわけではない。無理に捨てちゃいけない、納得してから捨てる必要がある。
1年間で使っているか使ってないかで分ける。

大切なのは使っているものだけを引き出しに戻す。
収納スペースには使うものを戻す。使っていないものは、段ボールに分けている人がいるが、使わないものはだす。使わないものは家の玄関においてくださいという。フリーマーケットはその段ボールをそのまま持って行けばいい。
優柔不断ボールと行っている。使わないものをしまうのがもの凄く気持ち悪くなる。これがシンプルライフといっている。だす、わける、しまう。

タオルをおくとき垂直におかない様にする。

レジ袋、、、3枚用意する、後ははさみ
レジ袋で8のじをつくる、横にして自分の前に置くとか、、、お片づけノートも本屋さんで買った欲しい
納言 人生の一番の無駄遣いは捜し物をする時間だ。


=======================================
■投資運用コンサルティング部 いしださん

もういちど、だすわけるしまうをしたいとおもう。
お金の話、これからは資産を作る話になるがだいいぽは人生のマネープラン
ライフイベントと費用資金、人生には様々なイベントがある。我々なりのアンケート結果と費用をまとめた。ローンを借りているお客様、大半は30から40だい、遊興費、医療介護、リフォーム費用など発生する費用こうしてみるとお金かかりますね。マネープランを想定してほしい
みなさまに資産を作ってほしい ししゅつをへらすか収入を増やすかしかない。
これまではデフレの時代でした。 今までは支出を減らせばお金が残っていく時代だった。

節約で十分だった。インフレになると収入を増やす時代になってきた。デフレ時代はお金を取っておけば5年後にものがさらにやすくかえるじだいだった。支出を減らす工夫。
住宅ローン減税、A,B、C縦軸がローン残高、横軸が年数、Aの年数が住宅ローン減税、Bがローン減税を越えた箇所、Cが11年目以降。
繰り上げ返済の変え方の、やまをへらす(全体の支払額を変える)、期間を減らすことが可能
控除の率は1%。
受け取っていただく金額が目減りすることがある。低い金利で借りていただくとかえって足がでる可能性がある。10年より期間がへると減額が減る可能性がある。手元の資金があまりなくなってくる間を借り換える驚異クローンなど金利が高いものを借りる必要が起きることがあるので返済を考える必要がある。

これからインフレになってきているデータがある。10年で5%下落していた、(消費者物価指数より)、日銀からの物価お見通しをグラフ化した、2017年4月までに11%位物価が上昇することになる。

デフレになるとお金を取っておけばよかった。物価上昇2%とすると10年後に1000万のものが820万になる可能性がある。20年前の定期預金 5,6%であった、お金を縮む速度より定期の方がよかった。
青い線、失われた10年、20年となり預貯金1%をきって20年になる。外国の国債利回りかなり高い国の金利もある。わかりやすい例は成長の違いが金利の差になっている。

キーワードは経済成長になる。株式と債券の源泉は経済活動になる。
経済活動で収益が期待できる。世界は先進国、新興国で支え合っていてパフォーマンスをあげて行っている。2000年はITバブル崩壊2008年の急落はリーマンショックによるもの、リスクってきくと、損失かもしれませんが、今日は、これだけおぼえてください。投資の世界でリスクというとぶれのことを指し示す。リスクがあるから収益をとっていただける。眼ぶれが大きいものがリスクが大きいものになる。4資産を組み合わせた分散投資の結果になる。どうよみとるかというと債券よりも収益性が改善される。かぶのみよりも安定している。2008年のような年はどうしても元本われが発生してしまう。長期でもった場合リターンがどうなるか1年で運用した場合、30年で10回下ぶれする事があった。
5年間長期でみると、25年間でみると5回しかしたぶれしていない、10年間長期でみると20年間野中でマイナスが発生することはなかった。

収入を増やす仕組み
確定拠出年金せいど、NISA、一般的な投資、証券講座、 DCは買い付け時、運用時などメリットが大きいが60才まで原則途中引き出し不可となっている。

NISAの7つのポイント
1.投資対象 株式投資信託、上場株式などの配当所得、譲渡所得が非課税
2.毎年100万円の非課税等思惑
新規投資のみが対象で翌年に繰り越し不可能
来年120万円を非課税にしたい→できない
3.最長5年の非課税期間
4.最大500万円の非課税投資枠総額
5.ほかの講座との損益通算が不可
6.途中売却による非課税枠の再利用不可
7.他の口座からの移管不可

2割上昇、売却しないと下がってしまうこともある。半分くらい売却すると枠を再利用できない。

今後、NISAを使って運用してみる場合、こんな商品がNISAを使って運用する才にふさわしいのでは?
→損益通算不可、大きな損がでた才に損益が大きくぶれないこと 5年間の環境変化もあるのでなかみのみなおし、最初からそういうことを投資信託の中でみてくれる仕組みが必要、ファンド内で自動的に資産の入れ替えを行ってくれる商品が有ればメリットをつけとっていただきやすいのでは?

そんな悩みを解決する
→ラップ口座きたよ!投資信託の販売パンフレットになります。

旦那さんが口座を作る →1500円はいる、 →奥さんが口座を作る 1500円ご家族ご友人ご紹介キャンペーンになる。取り引きいただいてご紹介カードをもらう必要がある。是非窓口に行ってプロと大事な資産の紹介をしていただければ幸いです。
是非デフレからインフレに環境が変わることで2つの工夫を利用していただく。
NISA口座などの活用の話をさせていただきました。是非将来に向けて資産の形成をしていただければと思います。

■バフェット本メモ 投資のヒントにメモメモ
 

コメント

非公開コメント