2014/07/15

■ロックフィールド(2910)<2014年4月 決算説明資料がアップされました

■ロックフィールド(2910)<2014年4月 決算説明資料がアップされました
ロック・フィールド (2910)メモ
2014年6月14日 決算裁量がアップされました。
もともと2010年8月ごろから買い付け始めたのでもう、5年も保有しています。
SBI証券で、初めて買った時の株価、「1200円」 から始まり、随時買付を行い、
現在の買付平均単価「1239円」でした。


■ロック・フィールドメモ
取得単価 1,239/ 保有株数 1,000(2012年から変わらず)
一株益
 (2011年.4) 81.2円
 (2012年.4) 108.3円
 (2013年.4) 66.4円
 (2014年.4) 70.4円

配当 1株あたり
 (2011年.4) 40円→ 配当利回り 3.23%(40/1239)
 (2012年.4) 50円→ 配当利回り 4.03%(50/1239)
 (2013年.4) 40円→ 配当利回り 3.23%(40/1239)
 (2014年.4) 40円→ 配当利回り 3.23%(40/1239)


 優待利回り? → 0.8%  
 配当利回り+優待利回り →4.03%
 ROE    5.0%(2012) →6.4(2013)→3.0(2014.3)

 取得単価が1239円と低い価格で買い付けられたのはよかったな~と感じています。
 2014年6月15日現在、株価が1,883 円とだいぶ上がってしまいました。
  
 利益が出たら売却という方法も「アリ」だと思いますが、考え方として
 「僕自身が肥沃な大地を持った農家」ではないこと、つまり今のサラリーマンという
 地位を失った際にお金を得る方法がないことから、主に有価証券への投資を利用
 しているといったことを行っています。


 株式は企業の一部を所有することであって更に言うと、企業の利益にアクセスする
 一番わかりやすい方法が「株式の所有」です。

 また、利益を上げている企業は「配当を安定して出す」ことができます。

 2010年から2013年までのロック・フィールドの「一株益」をみていると
 安定しているとは言いずらいですが

ではでは。
↓日本株についてなど


コメント

非公開コメント