2014/03/01

キユーピーの株主総会通知がきました。

キユーピーの株主総会通知がきました。2013年に初めて株主なった会社の一つがキユーピーです。

少し、キユーピーという会社にふれようと思います。
理由は簡単で、同じ会社で話している中で「生活必需品は株主還元なんて無い、消費者還元だから株式なんて売買されないんだよ、」ということを先日、普通にいわれたことがありました。

なので、キユーピーの株式持っているし普通に配当も貰えると答えました。
相手はずいぶん知ったかぶりをしてしまったんだなぁと感じていたようです。

キユーピー社の事業報告の最初に書かれているのが「企業集団の現況に関する事項」
ということが上がります、



■企業集団の現況に関する事項
 当期における我が国経済は新たな政策による景気回復への期待から円安や株高が進行し輸出企業を中心に業績が上向くとともに、所得や雇用環境の改善、個人消費の回復も見られました、食品業界においては簡便な商品へのニーズが一段と増加するとともに、健康志向の高まりから野菜に関連した商品の需要も伸張した、一方円安などによる原材料価格の上昇やエネルギーコストの増加などのコスト上昇が続いた。

■当社グループの状況
 2013年度からの3年間を対象とする中期経営計画では、グループ全体で挑戦する風土を醸成し、国内で持続的成長と海外での飛躍定期成長を遂げるべく、ユニークさの発揮と創造を軸にした4つの経営方針にグループが連携して取り組み企業価値の一層の向上に努める。

一株当たり当期純利益
2003年12月~2004年11月末 51.53円
2004年12月~2005年11月末 41.63円
2005年12月~2006年11月末 32.64円
2006年12月~2007年11月末 43.84円
2007年12月~2008年11月末 50.63円
2008年12月~2009年11月末 56.02円
2009年12月~2010年11月末 69.97円
2010年12月~2011年11月末 62.63円
2011年12月~2012年11月末 82.09円
2012年12月~2013年11月末 83.94円


2005年ごろからについては、一株の保有に対する利益が上がってきていることがわかります。


 有価証券への投資の考え方について
 基本的に積立&長期インデックス投資をメインに行い資産形成を目指しています。
 「株式に対する僕のスタンスですが、肥沃な大地を持った農家」ではないこと、
  つまり今のサラリーマンという地位を失った際にお金を得る方法がないことから、
  主に有価証券への投資を利用しています。」


 また、FaceBook上では自分自治体 PETさん(http://amayaho.blog66.fc2.com/)
 などともやり取りしていますが、ひと月分の収入を配当など不労で得ることを
 始めています。
 

 例えば、月20万円を働かずに不労で得る。企業へ投資をすることで得る。
 インデックスファンドを積み立てることで得る。なんでもいいと思います。20代、
 30代の積み上げが40代、50代の自分を得ることだと思っています。

ではでは。


何を買ったか?なぜ買ったかをブログとかにメモしておくと振り返りに
楽だなと感じます。
↓日本株についてなど

category - 投資へのスタンス 0 0

コメント

非公開コメント

トラックバック