2014/01/13

インデックス投資ナイト行ってきました。2014

インデックス投資ナイト行ってきました。
最近、タブレットを使うようになってあまりネットサーフィンできていませんでした。
まじめに仕事をして、時々ネットくらいでしたので。。


m@さんのところを見てもらえれば、分かりやすくまとめられています。

■m@さん
インデックス投資ナイト2014 第1部「I-1グランプリ2014」レポート
 http://iitoushi-tanken-nisshi.hateblo.jp/entry/2014/01/11/164334

インデックス投信ナイト2014 第2部「NISAメッタ斬り!」レポート
 http://iitoushi-tanken-nisshi.hateblo.jp/entry/2014/01/11/175718

インデックス投資ナイト2014 第3部「新時代のインデックスvsアクティブ最終決戦」レポート
 http://iitoushi-tanken-nisshi.hateblo.jp/entry/2014/01/11/230619

■toyopさん
インデックス投資ナイト2014に行ってきたよ
 http://toyop.net/blog-entry-1836.html

■インデックス投資ナイト(#idxnght)の中心でおっぱいを叫ぶケモノ(お奨め)
 http://toyop.net/blog-entry-1835.html


以下結構うろ覚え、たぶん、おっぱいのツイートのほうがメインだった人もいたり。。


今回は2部で取り上げられていたNISAぶった切りという所から。
♯竹川さん
 年間拠出額は100万円再投資不可、分配金が出た時に100万円の枠に入るトータルで500万円までスイッチングについて売却したとしても枠を再利用できない引き出しについては制限がない。

 家計の資産形成の理念になっているが制度設計になっているが実際の理念ははなはだ、、、今でも申し込める。非課税といっても利益が出ないとメリットがない。特定口座とNISA口座でまぜることはできない。

事前アンケートについて
どんな人がアンケートに答えてくれたか?・?30代、、40代の方が中心。
SBI証券が最も多い。どんな投資をするかインデックスでの分散ポートフォリオにする人が一番多い。次が特定のアセットクラスで19% 意見は恒久化を、、ということ。

#島田さん
おそらく余りよくわからない人は、恒久化 制度そのものがとなると5年毎についてはなかなか直らないと思う。ネット証券、大手、銀行どこで作ったか ほとんどネット証券、大手証券2名くらい。

投資について気をつけないといけないこと。去年の年末の純資産残高、投資信託の設定された本数と、残高について去年の本数で772本もあった、しかも残高のほとんどが毎月分配型となっている
なぜ投資するのかの目的を持つこと。お金の量を追っかけていると、たぶん投資のプロセスが楽しくないし本質的なことを見失う、可能性がある。最低限の事故を起こさないための道路標識を覚える的なことをする必要がある。

世の中で投資ということを効くと儲ける方法の一つとなる。会場にいる人たちはわかっていると思いますが、お金の量を追っかけると投機に近いと思う

 行動経済学という概念があり、株式を持っていてどんどん上がっているときは気持ちいい。儲かっているので売れなくなってしまう。下がってしまうともっていたら戻るとわかっていても売却してしまう。どのくらい欲張りなのかを自分の性格をよく意識して、投資した方がいい。

苦しむために投資をするわけではないので、たぶん投資してはいけないものに投資してしまったので、、つらいことに投資しないでマラソンを続けていくことがポイント新しいものに飛びつかない、

何を勉強すればいいのか?

いいなりになって進めてはいけない。ブラジルとかインドネシアになっていた。リスクリターンが低く先進国株式のあたりまで、赤いわくのはんいない。4資産分散など。

♯竹川さん
 ワールドビジネスサテライトに写りニーサだらけになった。ニーサの制度がむちゃくちゃ複雑で、取り扱っている商品がバラバラで、再投資コースが使えるとかもばらばらでニーサありきで考えるのは辞めた方がいいと思う。1年間調べれば調べるほどこんなことが各社違うのとかもあった。
頭をニーサからおいておいて、再投資コースおいてこのきかんに金融機関全体で考えた方がいい。利益がでないと非課税にならない制度なので、それ以外の日本の税制優遇の制度は、個人方の確定拠出年金や企業が高くてい拠出型年金などの制度を老後しきんようで使った方が便利。
運用スタイルなどを考え直した上でニーサをどの商品で利用した方がいいかなどを考え直した方がいい。

資産全体で見ることも大切。自分の資産の一部をニーサで考える。税金非課税といわれると萌えるが、自分なりの動きをした方がいいのではないかと思う。

どのくらいの期待リターンで何十年五家にどのくらいのお金ができるか。期待リターンにたいするリスク標準が15%を越えると。最悪の場合30%落ちると結構いたので、下がったときにこそ追加で資金を入れられることが大事になってくる。

#島田さん
自分の資産全体で考えて欲しい。公務員や学校の先生など自分の仕事が債券のよう野間止めて貰えるのか、これからがわからない人なのか自分の仕事が債券に近いのか株式に近いのかによっても考えるとよい。

預貯金は輪っかの中に入っていない。ブラジル株など値動きの大きい商品が8割にななどの商品はあり得ない。


ニーサ以外の税制について伺ったよいか

#竹川さん
個人が他の確定拠出年金などにはいることができる。掛け金が全額所得控除になるので節税効果の非常に高い商品になっている運用益も非課税になっている。
結構メリットが大きい。確定子出年金にはいれるひとのうち0.5%位しかはいっている人がいないので、確定拠出型年金に入った方がいい。
企業の方は大手の方、ソニー、NTTなど企業がた確定拠出型年金になってきている。
確定拠出型年金の信託報酬の安いが多いのでできるだけ利用して欲しい。ニーサは、銀行で売っている商品をニーサ口座で購入するだけ。

かなりやすいものもあるのでまずはそっちをかくにんしたほうがいい。選ぶ商品が大事。
ニーサに5年投資したらどのくらいになるかを調べてみた非課税メリット。

国内債券 メリット7万円
外国債券へ時無し 5万円
国内株式 11万円
外国株式10万円
新興国株式 18万円
国内リート9万円
外国リート 12万円
コモディティ 7万円

リスクの高いものがリターンが高い。リスクの視点がみえていない。投資信託事情などで後悔している。まとなびでも無料でダウンロードできる。

メリットがある反面、それぞれの損失の可能性はどのようになるか。
国内債券 損失割合 0%
外国債券 26%ヘッジ無し
国内か牛木41%
外国株式26%
新興国株式29%
国内リート 71%
外国リート32%
コモディティ 33%

国内株式はご存じの通りの状況だった。マイナスの回数だけやっているが度合いが大きくなるのも留意して欲しい。たまたまやられると何のメリットもなくなったということもある。

金融機関の細部でチェックしておきたいこと。ニーサ口座の品ぞろえ。日本株を扱うか扱わないか。投資信託の外国籍を扱うかどうか。細かいところが違っていて対象外になる投信が12月になってネット証券で出てきた。
再分配再投資を扱わないということもある。
分配金を受け取るしかないので扱いを確認して欲しい。
分配金の再投資コースでも、分配金がどこにはいるかが金融機関によって異なる。100万円まではニーサ口座残りが課税口座もあるが、最初から分配金が課税口座になることもあり、分配金はうけとりになり成るなど証券会社によって違ってくる。引き落としが可能な口座も特定口座と違ってニーサ口座の預り金からでなくてはできないかなど有る。手数料体型、ニーサ専用の手数料体型もあればふつうの手数料のところもあった力感限定のあるので期間を確認する方がいいかもしれない。複数年にわたって同じ商品を購入した場合、どのような表示になるか2014年口座2015年口座など区分管理されるのかと思っていたら、勝っていったら取得単価がまとめてでてくるっぽい。そこと時価で見て儲かっているか損しているのか。でずれていくが、更にロールオー場するときに取得価格がどこになるのか。
出口がわからない中でやるのが気持ち悪いなぁと思う。

非課税期間終了までも新たなニーサ口座や課税口座に移すこともできる。5年の非課税期間前にロールオー場できるかなど決まっていない部分もあるのでその辺もわからない部分もある。早めにロールオーバしたいなども明示していないのが現実的なところ。

#竹川さん
金融資産が十分あれば、ニーサ口座を開く必要はない。
そこにニー座があるからで始める必要はない。 ある程度預貯金があるのであればやる必要はない。
私は断固反対。 がんばって断固反対で押し切って欲しい。

母も予約期間中に3口座開いた。某証券会社の口座がのこったが、自分の親になるとどうでもよくなってインフレ連動債のファンドを買ったらどうかとはなしたもちろんやらないほうがいと思う。どうしてもやりたい場合、リスクの低いものを進める。

#会場から
ニーサの開設状況について

#イーノさん 大和証券、フィデリティー証券、野村証券、これから申し込みたいと思う、たぶんこれから開く場合、フィデリティ証券になると思う。 フルで出している。
債券と個人向け国際を半分に乗持っている。ニーサも堅めのポートフォリオをしておこうとおもう。
ニーサの口座を開いていない、どうしてもめんどくさいことになりそうになる。資産形成にならなくてきたいリターンの高いものにつかうとおもう。100万円満タンに使うかどうかも考えもの。マーケットが割高なので、使うかどうかはわからないインベストの部分は株式の部分が多い。人にはポートフォリオといっている割にポートフォリオをくめていない。
私どもの会社ポートフォリオを考えているがマーケットのぎゃくしひょうで買っている人もいるが人様のお金に対しては通りに行っている。

#竹川さん
どこにしようかなはかんがえてきたが取り扱いの商品が12月にやっと出てきたので今から作っていく。どこにつくるかは仕事で証券口座をほどんどもっている。最初は投信の積み立てをしている商品のいずれかを振り分けようカット思っていたが、どうなるのかが未だによくわからない。メインで資産形成のためにつかうよりはサテライト商品で使う予定。ニーサ口座ではETFや中小型ETF、個別株などを含めて考えている。ニーサ口座自体が非課税、スイッチングであれば期待リターンが高いものを降る。ロールオーバの時い取得価格が変わるなど有るので、長期で運用できるのがベストなんじゃないかなと思う。

そのあたりの展望を
今後の展望は、イギリスの株式ISAをのせているが、イギリスの株式ISAなみになって欲しい。
赤字で書いた部分をやってほしい、累積投資額のなし、200万円弱、口座開設期間 無期限、非課税期間無期限。年間の拠出額が決まっていてもいいので、非課税期間を無期限としたり、累積額は無期限などを重視して欲しい。

コメント

非公開コメント