2013/11/18

NISA向けメモ バランスファンドを探して見ると以下のようなファンドがありました。

バランスファンドを探して見ると以下のようなファンドがありました。
■低コストタイプ
 eMAXISバランス(8資産均等型)信託報酬 0.53% 標準偏差 12.61(直近1年)
 eMAXISバランス(波乗り型)  信託報酬 0.53% 標準偏差 14.28(直近1年)
 三井TAM世界経済Index  信託報酬 0.525% 標準偏差 13.15 14.31(直近1年、3年)
 eMaxis全世界株式Index   信託報酬 年0.63% 標準偏差 15.58 19.84(直近1年、3年)

■高コストタイプ
 三井住友TAM コア投資戦略ファンド(安定型)  信託報酬合計 1.449% 標準偏差 6.05
 国際投信  トレンド・アロケーション・オープン 信託報酬合計 1.1515% 標準偏差 6.11

■その他枠
 鎌倉投信 結い2101              信託報酬等合計 1.05%  標準偏差 12.91 10.59 
 (直近1年、3年モーニングスターより)
 
 結い2101の値動きも標準偏差でみると1年間で12.91とeMAXIS 8資産均等タイプとほぼ変わらないような値動きにコントロールされていることがわかります。

 運用先についての検討で「単純」ではありますが、5年間運用することでリターンを最大的に享受することがNISAの目的かなと考えています。要は株式投資をした際に、「配当」の考え方が出てきますが、配当や債券のクーポンなどを長期間に得ていく、長期的な値上がりを目標としてそれなりの額を積み立てていくとなるとバランス型がいいかなと考えています。

コメント

非公開コメント