サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
鎌倉投信受益者総会に向かう途中新幹線の中で・・・
2013年09月10日 (火) | 編集 |
鎌倉投信受益者総会に向かう途中新幹線の中で・・・

昨年m@さんもご参加されていた鎌倉投信受益者総会に向かうの新幹線にてメモ

翌日の会場入りが7時半ということだけではなく、いろいろな観光も含めて普段のブラック企業から抜け出し金曜朝から京都に向けて観光を含めて移動しました。
8月30日については、修学院から烏丸御池近隣でのエコ名刺交流会に参加。

幸せエコ名刺交流会については、FaceBookがあるのでそこで丸吉日新堂阿部社長に連絡をいただければと思います。

■阿部社長FaceBook
 https://www.facebook.com/shinya.abe1



受益者総会の裏でどんなものがあるかというのは企業シークレットだと思いますが結構おもしろいですね。裏側。

自分に足りないものだらけだということを実感させられながら、前日までなにを行う必要があるかということを感じていました。

自称、火星人という西水さん(元世界銀行副総裁)にサインをもらうために本を持ったり、カメラを持ったりで普段以上にかなり重めになった荷物を持っていざ京都へという意気込みです。

■西水さんオフィシャルFB
 https://www.facebook.com/SimplyMieko.Official

 鎌倉投信さんの金融商品を購入するようになったのは2年前の1月から2月にかけて説明会に伺って来毎月買い付けにしています。毎月買い付けているからどうとか思い入れがあるわけではないですというのも変ですが特にありません。

 彼らの運用する結い2101がそのほかの金融商品の何かと連動していて、もっとコストがかからないものがあれば基本的に金融商品の消費者に対してコストが安くていい商品を進めようと思っていますが、基本的に無いといったところで買い付けを続けています。

 投資した先の企業を投資家に知ってほしいと発信し、実践しているところも評価するポイントの一つであります。もし同じリターンしか望めない金融商品があった際に、投資かを育てる参加型の商品というものがあればそれ程良いものはないかなと思います。

 普段、企業で働いているときと異なるコミュニティーへ参加するチャンスをもらえるというポイントは大きいと思います。


■鎌倉投信の投資について
 彼らがいうには運用の成果として、いくらのリターンがでているというのを全面に出さないという方針とのこと。
 特にリターンがいい、運用がいいということであれば、そういったことで入ってくる方々は、リターンが悪くなったら解約してしまうそういう人たちを客に持ちたくないといった方針がある。
 鎌倉投信の鎌田社長、新井運用部長は、いい会社への投資、個人に対していい会社のいい活動を紹介して知ってほしい、そしていい会社がどうやって利益を上げているかをみて聞いて、実感してほしいという裏にはBGIでの考え方がはいった思想を残しながらといった思いを感じる今日この頃であります。

 とはいえお金が増えることで幸せ度がマウスかどうかということは一概にはいえない。もちろん投資信託が一概にいいとはいえない。という考えもあります。

 今現在の考えでいうと、お金はあれば一度きりの人生を有意義にしてくれる。時間をかけないと解決できないことをある程度解決に導いてくれることがある。ただし、お金があった場合に有意義に使える行動力が一番大事かなと思っています。
 また、どの株式がどうか、どの通過のがどうかなど知っておく必要はあるが、おたくになって毎日、それぞれの情報を知り続けるひうようがあるかというと僕はかなり疑問おもっている。
 ここらへんすいません、仕事が忙しい中手帳に書き留めていたことなので、あまりいつかいたか覚えていません。

 ただし、銀行の金利が今いくらか、それに対して株式市場全体の配当がどのくらいか、個別でお気に入りの会社があればその会社の配当は殿くらいかなどは、20代後半から30代になっていれば基本的にある程度の資金はあると思っています、そのくらいのことであれば知っておいて損はないと思っています。

 自分で働いて得たお金に対してどのようにその資金を運用していくか?を少しは考えてもいい時期の方もブログを読んでいただいている方の中にはいらっしゃると思っています。


■会場メモ
 IMG_1791.jpg
■日新堂社長と社員の方
IMG_1793.jpg
■会場(人いない。)
IMG_1797.jpg


↓日本で一番投資したい会社など、鎌倉投信に関する書籍とか

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック