2013/08/03

NISA制度についてメモ

NISA制度についてメモ

各ブロガーな方が書かれているのでメモしてみる。
確かに税金で抜かれる金額は気になるのでメモ。

■NISA制度について
 ・NISAの非課税期間は最長5年で次の枠に移せば原則最長10年になる。
  家族で長期の資産形成をするには使いにくい制度。
  また、個人でも20代の方が利用するには非常に短期間の制度と言える。
  ※最長10年でも、20代の人は30代になったばかり???
   NISAの非課税期間が終わった時、終わりかけから相場が急落すると
   元本が大幅に切り下げられ、ほかの口座との損益通算が自動では
   できない。(確定申告すればOK?)

 ・ダメな部分
  ・もっと長期間でいいのでは?
   (無制限でもいいのでは?)
  ・5年で次の口座に移すとか、最初から言われるくらいなら最初から10年
   にすればいいんじゃない?
   同じ証券会社で講座を持つのであれば、特定口座との損益計算は出来
   てもいいのではない?

■NISAを利用した際のメリット
 最大運用額   500万円
 想定配当利回    3.5%
 -------------------
    年間配当17.5万円

NISAの期間の考え方が難しいのですが単純にこの期間が10年間
続くって考えるとわかりやすいです。
税金でもっていかれる額を計算すると、17.5×0.2 ⇒3.5万円

■NISAを利用した際のメリット(支払うべき税額/年額)
 最大運用額   500万円
 想定配当利回    3.5%
 -------------------
    年間配当17.5万円
 ×      0.2(20%の税金)
 -------------------
   NISAによるメリット 3.5万円
   ↑↑本来支払うべき税金額。

■NISAについて
 ・余程のことがなければ使わない予定、確定申告して他の口座と通算損益
  作るのめんどい。
 ・株価の下落時に買い付けるための口座として作っておくかなといった考え
  で動くよてい。
 ・サラリーマンからすると特定口座に入れておくことで「通算損益を計算して
  くれる」とてもいい仕組みに乗っているところからあえて
 ・あまり使い勝手が悪い制度を無理やり投資家に投げている。
 ・わからないから説明する。だから金融の説明員が必要って仕組みになら
  なければいい。
 ・インデックスファンドも結い2101もひふみ投信も分配金が出ないので
  「短期間利益・損益確定口座(NISA)」を利用するメリットはないと検討中です。


■あつまろさんの「非課税制度(NISA)に振り回されないように」
 http://atsumaro.doorblog.jp/archives/51817930.html
 はお勧めの考えかなと思います。

そして、現在の口座について

■口座管理メモ<証券系
 1.SBI証券
 2.GMOクリック
 3~5.直販<鎌倉、コモンズ、ひふみ>

■口座管理メモ<銀行系
 6.住信SBIネット銀行
 7.みずほ銀行
 8.三井住友信託(住宅ローン用)
 9.新生銀行(来年解約予定)

 これだけあると、NISAまで開設と管理をする必要あるかについては
 悩んでしまいます。

 コモンズはネット証券でも販売し始めているので・・・・とか検討中。


■↓↓下記はお勧め本のウォール街のランダムウォーカと敗者のゲームです。
 私自身も多くを学びました。

コメント

非公開コメント

はじめまして。いつもブログを拝見しています。
既にお調べかもしれませんが、NISA口座での損失は確定申告で損失繰越はできません。(この損失の扱いが最もイマイチかと。。)
ですが個人的にはまずは使ってみるという事で、ある程度配当が期待できるREIT保有を考えてます。

Re: タイトルなし

> はじめまして。いつもブログを拝見しています。
> 既にお調べかもしれませんが、NISA口座での損失は確定申告で損失繰越はできません。(この損失の扱いが最もイマイチかと。。)
> ですが個人的にはまずは使ってみるという事で、ある程度配当が期待できるREIT保有を考えてます。

確定申告でも損失繰り越しできないのですか、、、初めて知りました。
とはいえ、確定申告をそのために行くこと自体、手間なので迷ってしまいます