サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
鎌倉投信 メールマガジンより今の時期の投信の販売方法や売れ行きについて
2013年05月19日 (日) | 編集 |

鎌倉投信 メールマガジンより今の時期の投信の販売方法や売れ行きについて
ありましたのでブログにメモしておきます。

全体的な内容はまぐまぐで閲覧できます。
http://archive.mag2.com/0001113100/20130510130000000.html

今回は5/10発行、結い2101だよりから。
~以下抜粋

アベノミクスの政策期待による株式市場の活況で個人投資家の証券投資、とりわけ
日本の株式投資に対する関心も一気に高まり、金融機関の窓口販売は大賑わ
いです。日本株で運用する投資信託への4月の資金流入額も、4000億円を超えるな
ど10年以上ぶりの水準になりました。

しかし、こうして短期間で熱を帯びる現象を見るととても残念な気持ちになります。
本当にお客様にとっていい金融商品であれば、販売会社各社は、どうして値段が安い
時に地道な営業活動をもっと真剣に行わないのでしょうか?投資とは、「お金を価値
あるものに変えること」に他なりません。市場環境が厳しく誰もが見向きをしないと
きに価値ある金融商品を提供することこそがプロの仕事といえるのではないでしょ
うか?かつて幾度となく踏んだ同じ失敗の轍を、金融に関わる私たちは二度と踏まな
いようにしなくてはならないと思うのです。


鎌倉投信らしいな。と思う一文でした。リーマンショックの中で設立し、欧州危機の間
に小さな運用資金からはじめ、個人のお金の運用を行い、
「投資哲学:投資は「まごころ」であり金融は「まごころ」の循環。」と、伝える会社
今、短期的には日経平均など日本の株式指数、個別株共に大きく伸びています。

鎌倉投信さんには、日本に必要な「いい会社」との対話を進めて欲しいと思います。


鎌倉投信さんの考える資産形成についてが、以下のURLまろさんの「投資を楽しむ♪」の
ブログの中にもバブルの中で最終的に資産形成をどう捉えるかが書かれていますので
ご覧いただければと思います。

投資を楽しむ♪
 鎌倉投信の「まごころ」は負の金融史への挑戦
 http://www.pixy10.org/archives/15214542.html


コメント
この記事へのコメント
私、鎌田さんに先まわりしてこんなの書いてたんだ!(笑)
思い出させていただいてありがとうございました。
2013/05/19(日) 08:54:43 | URL | まろ #mQop/nM.[ 編集]
Re: タイトルなし
> 私、鎌田さんに先まわりしてこんなの書いてたんだ!(笑)
> 思い出させていただいてありがとうございました。

まろさんのブログ、いろいろ読ませていただいてますよ~
2013/05/20(月) 00:26:07 | URL | 矢向 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック