サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
変貌するチームリーダー。 30~40代のためのチームリーダー論 執筆 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 安達幸裕
2013年04月14日 (日) | 編集 |
■変貌するチームリーダー。
 30~40代のためのチームリーダー論
 執筆 三菱UFJリサーチ&コンサルティング 安達幸裕

 【読書メモ】業績浮上のカギはチーム力にある 変貌するチームリーダー
 http://indexinvest.blog32.fc2.com/blog-entry-1348.html
 
 以前、読んで依頼久しぶりに読んだ一冊です。


 多くのビジネス対応方法が書かれていますが、基本的に「チーム」
 が強いことが、ビジネスに対して「強い結合」を示すと記載された
 内容になります。

 高度経済成長時代において、チーム力がある企業があった。
 右肩上がりの経済ではみんなで少し頑張れば目標達成が可能で
 一体感が生まれやすく、チームはうまく機能していた。

 現在のチームの課題 
 ⇒チームが強く結合することで、企業の想像力を最大に発揮する
  ことが重要でチーム力の向上が不可欠。

 チームとは?
 ⇒チームとは、複数の個人が集まってその人数以上の結果を生む出す
  仕組みのこと。

 チームは、企業側
 ⇒ 一体感ができ、会社への定着率を高めることにもつながる。

 いま会社で起きていることの分析をする結果
 ⇒原因の多くは、チーム力が弱いことにたどりつく事が多い。

 質の良いチームをいかにつくるか
 ⇒簡単に言えば明るく積極的に自由に意見を言い合える、そして
  今までには出てこなかったような考えを生み出せるチーム

 ⇒GoogIdeaが出る環境、積極的なディスカッションができるチーム。
 ⇒GoodIdeaがでなくても、「Idea を入れておくPocket」をつくる。

 チームを活用して強くなる。
 ⇒強いもの、賢いものが生き残るのではない・環境に対応したもの
  だけが生き残るのである。

■いいチームとは?
 チーム力とは、チームに参加する人たちが作り出す「総合力」の
 ことである。

 チームの基本原理を「共同システム」と言っていまる。
 そして、組織とは2人以上の人々の意識的に調整された活動や諸力
 の体系として定義しています。

 ■チーム作りの5つのポイント
  1.チームに参加することは、チームに活力をもたらすこと
  2.メンバーはそのチームにあった「役割」を目指す
  3.メンバーが育ち、各メンバーがリーダーになる。
  4.メンバーの個性で相互に刺激を生み出す
  5.リーダーは、リーダーシップを身に付けチームの総合力
   を高めていく。

■いいチームづくり
 ・チームを動かそうと思うとき、最初はなかなか全体が重くて
  簡単には動いてくれない。しかしその重さを辛抱強く背負って
  軽くなり出すまで続けていくことが大事になる。

■リーダーシップを身に付ける
 1.人間としての基本を身に付ける
  ・挨拶をする。
  ・謙虚である。
 2.意識改革を自分から
   常に状況が変化していくので変化には約適応する。
 3.自分の能力を引き出す
  能力を引き出すということは、他人の能力を引き出すことと
  連携しがちですが、チームの角集うでリーダーが第一に能力
  を引き出すべき対象は、自分自身の能力にほかならない。

  ☆やってはいけないこと
  最もやってはいけないことは、なんでもやろうとすること。
  いかにしてやらないことを決めるかが大事になる。

 7.優先順位を付ける。
  ・セオリーを活用する。
  ・フレームワークを利用する。
   (フレームワークなる難しい発想はなしにする。)
  基本的なビジネス、案件の流れを知ることで仕事に優先順位を
  つけることができる。


 本書を読むことで多くを学ぶことがありますが、本書以外でも学ば
 なければいけないことが多くあるかなと思いありました。

チームリーダ兼マネージャのポジション
・案件の整理
 ↓
・(各案件にたいする)予算の検討
 ↓

・(各案件を考慮した)チーム構成の検討
 ↓
・スケジュールを作成する。

・チームの品質管理方法は?(スキル+時間マネジメント)
・チームのコントロール方法は?
・チームの情報共有方法は?





コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック