サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
■日本株で成功するバフェット流 投資術 大原浩著 読書メモ3
2013年04月10日 (水) | 編集 |
■日本株で成功するバフェット流 投資術 大原浩著 読書メモ3
 
 日本株で成功するバフェット流投資術 大原浩著 日本実業出版者
 を読みました。(続き)

 以前ブログに書いていた部分は以下になります。
 ■日本株で成功するバフェット流 投資術 大原浩著 読書メモ1
  http://indexinvest.blog32.fc2.com/blog-entry-1757.html


 ■日本株で成功するバフェット流 投資術 大原浩著 読書メモ2
  http://indexinvest.blog32.fc2.com/blog-entry-1757.html


 > そしてバフェットが「お気に入り」なのは、100年以上前から製法が
 > 変わらないコカコーラのような企業である。
 > 実際コカコーラは、昔のままの製造装置、製法で商品を製造しているが
 > ゆえ、多額の利益が上がっている。

2012年頃から銘柄選定として
 1.業界で上位であること
 2.同様の製法で売れる商品を販売している
 
 なども考慮に入れた個別銘柄も購入しました。
 1.キューピー  2012年購入
 2.ライオン   2012年購入
 3.マクドナルド 2011年購入
 4.キヤノン   2012年購入

 P83より
 投資の際の指標として具体的な値をあげられています。
 (新規に投資をされる際に、参考にされても良いかもしれません)

 ・PER 15倍以下(できれば10以下)
 ・ROE 12%以上(できれば15%以上)
 ・売上純利益率 10%以上

 なかでもROEを重視しています。
 ROEとは、投資家が投資した企業から投資家が預かった資産をどの
 くらい効率的に活用し、利益を生み出す数値になります。
 
 
 本書では、ROE=12%と記載されていますが、私自身が、投資対象の
 企業をチェックする際に、特に12%という値を確認することはあり
 ません。

 理由は、定期預金金利 「ネット銀行0.3%、都銀 0.1%」と比較して
 企業が資金をうまく再利用できれていればいいのではないかな。
 (と書くとほとんどの企業が株主資本に対してある程度の利益を
  出せているということになってしまいますが。。)

 どちらかというと、ビジネスモデルやファンが多いかブリッジ企業
 であるかなどを見るようにしています。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック