サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
■鎌倉投信を買い付ける理由1
2013年03月18日 (月) | 編集 |
■鎌倉投信を買い付ける理由

世間一般では、「いい会社を増やしましょう」が合い言葉であり、
運用面のお話が非常に少ないです。

鎌倉投信の特徴は、以下の3点かなと思っています。
(ひふみ投信もだいたい似ていますか・・・)
・自分自身がチェックできないような超小型優良銘柄を見つけては買い
 付けて来て、更に分散投資を始めること
・キャッシュポジションを持って、世間が売っている際に買い付けを
 行っていること
・超小型銘柄一つ一つは値動きが割と激しいのですが、バランスを
 とって全体で値動きを抑える技術が有ると感じたことです



 セミナーでの説明では、いい会社に対して投資をして行くという
 論理的な人からすると非常にわかりにくいセミナーになっています。


 いい会社をまとめてみると投信の価格がプラスになっている。
 世の中に対し、プラスで有ると見せることいい会社への注目を集め
 世の中へいい会社を増やしましょうというメッセージを出しつつけ
 ているのかもしれない。


 資産運用の考え方を見ていると、株式と債券を
 「個人ごとにお気に入りの比率」を考えて、
 「適度にお金を振り分ける。」

 ということをされていると思います。場合によっては株式と債券
 だけではなく、土地、美術品なども含まれますが、思っていたこと
 は「ここ」。


 ・「組合せる指数が少ない」
 ・国内外の株式、債券、リートの6種類程度しかないの?
 でした。

 選択を一つでも増やせないかということで探していた中に当時の
 鎌倉投信がありました。

 先物の振れ具合で、振動する大型株を避けて、以下の特徴があるから
 買い付けている。

 ・小型株系
 ・低ボラテリティ
 

 という感じかな。

 ひふみ投信は、大型株が上がりそうな場合は、組み入れ銘柄を大型株
 に寄せたりする動きを見ると、「どちらかというと」絶対的なリターン
 を目指している印象。

 ひふみ投信は毎回、月次運用報告書を見ていると驚かされることが多い
 ですが、こういった内容を個人が簡単に閲覧出来るということは凄い
 と思います。
 (学ぶことが多いと思っています。)

↓日本で一番投資したい会社など、鎌倉投信に関する書籍とか


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック