サラリーマンができる投資は何か?ということを考えています。投信歴10年、個別株歴7年ですはーと
| Login |
第五回 インデックス投資ナイトに参加しました
2013年01月13日 (日) | 編集 |
インデックス投資ナイトに参加しました。

~ざっくり順位は以下な感じでした。
 もーまがさんより
 http://mominilog.blog74.fc2.com/blog-entry-1998.html

"投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012" の栄冠に輝いたのは

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF (VT)

このファンドには 11名の方が投票、38ポイントを獲得
(有効総投票者数 64名、有効総ポイント 320)

第2位:外国株式インデックスe
     (12名の方が投票、32ポイント)
第3位:eMAXIS新興国株式インデックス
     (10名の方が投票、25ポイント)
第4位:結い 2101
     (10名の方が投票、24ポイント)
第5位:ひふみ投信
     (9名の方が投票、24ポイント)
第6位:SMT グローバル株式インデックス・オープン
     (10名の方が投票、20ポイント)
第7位:ニッセイ日経225インデックスファンド
     (8名の方が投票、18ポイント)
第8位:野村インデックスファンド・新興国債券・為替ヘッジ型
     (7名の方が投票、15ポイント)
第9位:セゾン資産形成の達人ファンド
     (6名の方が投票、14ポイント)
第10位:年金積立 インデックスファンド海外新興国(エマージング)株式
     (5名の方が投票、13ポイント)



ちょっと感じたことは、Vanguard Total World Stock Index ETF
(通称:VT)が1位になりましたが・・・・・

取引方法としては、海外株式になってNYSEArcaに上場しているETF
を取引されているのかなと思うと、日本の個人投資家すごいなと
感じました。

私としては、個人資産を運用するビークルとしては、
よっぽど「SPDR S&P500 ETF 1557 東証」の方が
日本円で買い付けもできるます(日本株式と同じ方法で処理できる)。
VTの場合、マネックスやSBI証券で買い付けができますが、

1.特定口座での処理ができない。
2.円建てでの売買ができない。

上記の2点がありますので、VTを利用した資産運用は、
「自分が生き続けていつでも処理できるいること」を前提にすれば
いいのですが、死んだあと、両親や妻に金融資産を処理して頂くこと
を考えると、あまり多くの個人に万人受けする金融商品ではないの
かなと思っています。



まぁ、インデックス投資ナイトということで、世界中の金融商品の
中で一番ローコスト商品を探してきて、資金を投入するといった方法が
当たり前のように行っているのかもしれませんね。

■そのほかメモ
 1.えーえすけーさん http://money-learn.seesaa.net/
 2.河原あずさん 
  ツイッター(河原あずさん)
  FaceBooK(河原あずさん)
 3.吊られた男さん
   ブログ
   第5回インデックス投資ナイト参加しました(少し話もしてきました)
 4.おっくんさn
   第5回インデックス投資ナイトへ逝ってきました #idxnght (おっくん(ω)のドキ☆ドキ☆分散投資日記)
↓↓↓↓↓こんな本を読みました。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いつの間にか5回目を迎えていたインデックス投資ナイト、今年も参加しました。 では、その内容を…というのは他のブロガーにお任せします。(私が書くまでもなく、すでに多く書かれ ...
2013/01/13(日) 23:54:12 | 吊られた男の投資ブログ
 矢向町のインデックス投資家の記事「第五回 インデックス投資ナイトに参加しました」より 私はリアルの集まりには参加しませんが、「"投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012"」 ...
2013/01/14(月) 21:08:13 | 目指せ楽隠居! インデックス投資半年交代派健忘禄