2012/11/18

ここ何年か生きてみて感じるのが、、、幾つか

ここ何年か生きてみて感じるのが、、、幾つか。


その中でも21世紀初旬のトレンドと感じるのが、量産が効く金融商品売りと、
金融や経済の知識売りかなと感じます。

金融商品の知識を売るというのは悪いというわけではなく個人的に「あくまで」
トレンドと捉えています。

金融知識は市場にあらゆる方法で販売がされていて、それに対する「対面」で
対価をとる方法もあれば、アドセンスでわかりにくくとっているものまで、
ソーシャル化されたり、Yahooオークションだったり複雑に絡み合っていて
よく見ると「ダブリ」だらけだったりする。


また、お奨め銘柄を書くことから、「こんなことをするとお金がたまるよ!」といった
消費を減らすような内容から。

誰でもが周りに言う「多くの説明は混乱を招く」といいながら図書は物凄い乱立
しています。
更に、都合がいいのが、金融商品や知識というのは
「いくらでも販売にレバレッジを効かせられるものが多い」と感じています。

つまり、チョット成功すると物凄い広がりを見せます。

それはまるで、「ねずみ算」のような広がりに感じます。

ただ、金融関連の商品がどうこう、実は、あっちにまたいい本が出たから、
いい講演を聞いて為になった、実社会で使えるかもしれないと思うこともが
減りました。

思ったこと
 「マイペースで、暮らしていけばいいじゃん。必要なだけものは買ってさ。」

 Simple is best

なんだよね。

これが一番消費しなくて、お金がたまるというのが実感。

ではではみんな色々な方法で頑張ってほしいかなばいば~い

↓日本株についてなど

コメント

非公開コメント