2014/08/28

リロホールディングの優待を使ってみる


今回はリロホールディングスの優待を使ってみました。

リロホールディングスの場合、リラックスコミュニケーションズが運営しているクラブオフで
提供している福利厚生サービスを利用することになります。

クラブオフから選択して、自分たちで予約して行きます。また、入場した際に「WEBクーポン」
を自分たちで印刷して持っていくことになります。

今回ですがグランドハイアット東京のけやき坂に伺いました。

下記の割引率がどれくらい本当かわかりませんが…

申込No. 7025xxxx
 -----------------------
 ランチコース 土日祝 大人 14000円相当 6,500円
 ランチコース 平日  大人 14000円相当 5,500円

メニュー内容は以下でした。
 

続きを読む

2014/08/25

株式・Jリートで賢く稼ぐ 配当パワー 投資入門 著 菊池誠一


本書は、矢向の購入した書籍になります。

株価が形成される仕組みの一つの配当についてですが一株益の中から何割くらいが「配当」
として向けられるのか、性質が異なってくるのか?については感じて本誌を手にしました。

配当パワーについて
 ・株式投資から得られる「配当金」の受取額を増やして正しく活用すること。
 ・配当金というと小さいが、実は想像するよりも大きな成果を生む
 ・強力な「投資収益の拡大エンジン」になる

配当パワーの時代がやってきた
 ・ここから、私自身分かっていないことが多かったのですが2000年ごろから比べると増配
  ラッシュがあったようです。
  過去10年を振り返ると上場企業の多くが配当金を段階的に増やしてきた。増配ラッシュ
  と呼べる現象とのこと。
  

続きを読む

2014/08/20

自分でやさしく殖やせる確定拠出年金の最良運用術 著I-Oウェルスアドバイザーズ 岡本和久 読書メモ♯1

自分でやさしく殖やせる確定拠出年金の最良運用術
  著I-Oウェルスアドバイザーズ 岡本和久さんを読みました。


初めに伝えたいのは、「確定拠出型年金」を意識していない人にも読んでほしい一冊です。
これから、資産を作っていく20代、30代の人が「これからの資産」を作っていく際に
本誌自分でやさしく殖やせる 「確定拠出年金」最良の運用術を読んでほしいです。

どうやって投信を見ていくか、どうやって株価を見ていくかといったテクニカルなことは
一切書かれていませんが、これからどうやってゴール(退職や自由)に向かうか。

イキザマとまではいいませんが「お金への方針」決めていないけれども60歳を迎えるまで
働いて、残ったお金で過ごすのかどうか。

銀行預金、定期預金の低金利で過ごせるのか、考えた際に戦略を考えてまとめることが
「方針書」でしょうね。対局を考えるというか。


経済学における投資とは
 →自分や他社の生産能力を向上するために資金や力を注ぐこと


続きを読む

2014/08/15

2014年7月の有価証券売買メモ

2014年7月の有価証券売買メモ

全体でみると、2014年6月末の時点で僕自身のキャッシュ比率は10.5%です。
(私がログインした際に見えるマネーフォワードより)

■マネーフォワード対象、非対象
住信SBIネット銀行 →マネーフォワード対象
SBI証券 →マネーフォワード対象
GMOクリック証券  →マネーフォワード対象
鎌倉投信 →マネーフォワード対象
ひふみ投信 →マネーフォワード対象
(新生銀行は解約予定)

※以下対象外
 三井住友信託  →未対象(住宅ローン口座)
 みずほ銀行   →未対象(給与振り込み用)

続きを読む

2014/08/10

ほんとうの株の話 著 山口揚平 メモ

GMOクリック証券で使用されている「株価と価値算定のステップ」についてのメモ。

全体的に株価が何でできているのかになります。以前「餃子投資の会」の際に株価の話をしてい
事業価値と、企業の負債資産については話せたのですが「理解できていないこと」が
わかりましたのでメモします。

1.事業価値を見積もる
 計算方法)経常利益×10倍 → 事業価値

2.財産価値
 貸借対照表を確認
 計算方法)流動性負債-(投資その他の資産合計×1.2)+流動性負債

3.負債(借金)を引く
 貸借対照表を確認
 計算方法)固定負債を確認

4.発行株式数で割って1株の価値を算出


続きを読む

2014/08/05

2014年7月運用報告ひふみアカデミーメモ(後半メモ)

2014年7月運用報告ひふみアカデミーメモ(後半メモ)

ナビゲーター 栗岡さん

■会場
大林組さん 大成さんとかでなく、大林組な理由は?

■藤野
ただ単に出遅れているから

■会場
20年くらいは日本株でやっていけるって話でしたが、20年くらいすると厳しくなるイメージは?

■藤野
2020年にオリンピックがあり需要が減り始める、年寄りがなくなってくる。
人口が急速に減ってくる。今は、少子高齢化。


生産年齢人口が急速に下がってきている。60歳の人は退職してから20年、25年はいきる。
これから5年から10年は若い人の就職は良くなってきている。3年くらい前は本当に悲惨な状況だった。今は、やっぱり大企業しかないかないといった思想に変わってきている。

上場している中小企業も内定を断られている。証券系のリサーチハウスも5名内定出して2名蹴られたことがある。そのうち1名からは何にも連絡がない時代になっている。


今は売り手市場、強烈な売り手市場。5年の寿命。供給市場が減るから売り手市場がしぼんでくるだろうと考えている。移民を増やすとか出生率が下げ止まるとかロボット産業が発生するとか付加価値が急上昇するとかないと2020年がピークになる。

その場合、マーケットは2019年にピークになる。

続きを読む