2014/02/25

ダニエルカーネマン心理と経済を語る(楽工社) 読んだよメモ

ダニエルカーネマン心理と経済を語る(楽工社)
監訳 友野典男
訳 山内あゆ子


FaceBookで紹介された中でカーネマンの本があり読んでみることにしました。
経済は効率的にできていない、上がり始めたら基準となる値をオーバーし、下がり始めたら基準となる値よりもアンダーの値になることを示されているのだと思います。

行動経済について
  • 人間の非合理性という 誤った理解が蔓延しているようにみえ、専門家を自負する人の本にさえ、そう断定してしまう間違った記述が見られるという状況がある。

続きを読む

2014/02/21

3387 クリレスHD(東証)を買いました。

3387 クリレスHD(東証)を買いました。

今まで、2012年11月ごろからの上昇相場(アベノミクス)が始まってから

・ほとんど売買していません。
・毎月の積立で投信買えています。
・キャッシュも割とあります。
という状況でしたが今回クリレスHDを買い増した。
チャートを見ていると随分上がってきている状況でしたが。。
四季報から
【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円)  1株配(円)
連09. 2 40,051 2,183   2,277     763  44.6    15
連10. 2 37,734 2,053   2,142     769  49.9    20
連11. 2 37,095 2,419   2,556    1,037  67.7    22
連12. 2 34,624 2,715   3,558    1,314  85.8    25
連13. 2 37,167 2,693   2,827    1,317  107.4   48
連14. 2 52,000  4,200    4,300    2,100  200.2   66記
連15. 2 60,000 5,000    5,100    2,500  238.4   66~70

平成 26 年2月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
 http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=1116323

平成 26 年2月期の連結業績予想(平成 25 年3月 1 日~平成 26 年2月 28 日)
【業績】 売上高 営業利益 経常利益 純利益 1株益(円)  1株配(円)
     52,000  4,200   4,300    2,100  212.88   66

続きを読む

2014/02/18

ロックフィールド(2910)<第二四半期決算短信



■ロックフィールド(2910)<第二四半期決算短信



ロック・フィールド (2910)メモ、毎期毎期決算短信チェックしています。

企業IRのページはこちらから2013年度第二四半期決算短信
 →http://www.rockfield.co.jp/ir/library/pdf/accounts_20131206.pdf

平成26年4月期の連結業績予想(平成25年5月1日~平成26年4月30日)
の1株当たり当期純利益101.7円

valuationmatrixでストここらへんになります。
 ↓
 http://valuationmatrix.com/companies/2910

一株益101.7円に対して、株価が1月28日時点で1,759円となっています。
株価的には、若干高いかなという感じがします。。

平成25年4月期の連結業績予想(平成24年5月1日~平成25年4月30日)
の1株当たり当期純利益109.93円

一株益自体下がっていますが、僕としてはITやバイオ株などと違って人が触れ合う
対人的なビジネスであるので、一気に利益を失うことがないところがいいかなと
思っています。


惣菜業というのはビジネスモデルが崩れるのかどうかという意味では、結構面白い
かなと思っています。長期的な視点で見て物凄く上がることはないかと思っています。

まぁ、定期預金よりもいい投資先を探せれば・・・

続きを読む

2014/02/15

SBI証券のNISA口座向けの情報を確認していましたが「NISA(ニーサ)」売れ筋商品について

SBI証券のNISA口座向けの情報を確認していましたが「NISA(ニーサ)」の
タブをクリックするとおやおや的なものが表示されます。

投資信託(1/14~1/17)
買付金額ランキング
順位 ファンド    基準価格
1    損保J日本興亜-好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクトコース 7,355(信託報酬 (税込)/年
1.8940%程度)
2    楽天-楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型          6,516(信託報酬 (税込)/年
1.47%)
3    国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)                  4,437(信託報酬 (税込)/年
1.6275%)
4    日興-日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(トルコリラ) 4,844(信託報酬 (税込)/年
1.68%)
5    SBI-グローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド(毎月分配型)     8,663(信託報酬 (税込)/年
1.837%)

投資信託(1/14~1/17)
保有残高ランキング
順位 ファンド  基準価格
1  損保J日本興亜-好配当グローバルREITプレミアム・ファンド 通貨セレクトコース 7,355
2  楽天-楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎月分配型           6,516
3  国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)                   4,437
4  日興-日興ピムコ・ハイインカム・ソブリン・ファンド毎月分配型(トルコリラ)  4,844
5  ニッセイ-ニッセイ日経225インデックスファンド                  16,365



SBI証券として、あくまで推奨とは書いていませんが、まぁ、売れ筋ってことになるのでしょうか。。
リート、リート、リート、トルコリラ、プレミアムサンドみたいなSBIグローバルリートトリプルプレミアムファンド(信託報酬 (税込)/年 1.837%)。
サンプルとしてSBIグローバルリートトリプルプレミアムの組み入れ銘柄を運用レポートから見ていると「CSグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド  98.35%」?何がトリプルなん?と感じてしまいますが。。

主要組入ファンドの運用概況『CSグローバル・リート・トリプル・プレミアム・ファンド』についても記載があり、組み入れ内容は、iシェアーズ米国不動産ETF75.5%とSPDRダウジョーンズインターナショナルリアルエステート25.4% ちなみにこのSPDRダウジョーンズインターナショナルリアルエステートですがSBI証券では、「SPDR DOWJONES INTER REAL ESTATE ETF (RWX) 総経費率 0.59%」でとなっています。


■ステートリートのホームページ
 http://www.spdrs.jp/etf/fund/fund_detail_RWX.html#


■NISAについて
 低コストな金融商品を買うことが必要なわけではなく、何かを買えればOKということでしょうか。。
 信託報酬も高く毎月分配金のある商品が、割と上位に入っていて意外性を感じました。

 何がニーサ対応なのか?ちょっと不思議に感じてしまいます。
2014/02/14

NISA対応中(笑)

NISA対応中(笑)

1.メモ 株は多分一般口座?でやる。
 個別株のチェックはいろいろがんばれないかもしれない。
 +
 これは「100万円分だけロールオーバーできる」だと認識しています。
 言い換えると「強制利益確定が5年ごとに発生する」

 これは株式運用ではかなり不運なことだと思います。長期的に会社の一部を
 保有して利益を共有することが株式の運用思想だと思っています。

2.ある程度自動的に買い付ける。
 (あきらめたけど、、何かしら買っていかないと。。)
 →投信用口座にする予定

3.多分来るかもしれない下落相場でも自動購入ならまぁしょうがない。
 →100万円の枠をフルに使うことはないかなと。

4.5年後がよくわからない
 なんとなくわかるのですが、株式の場合いったん売却してなん?
 購入株価ってどうなるの?




多分、投信の積み立てで、尚且つバランスファンドまたはアメリカ株式に分散した
金融商品へ投資したいと考えています。

 ファンド名 三井住友TAM-世界経済インデックスファンド
 http://www.matonavi.jp/fund/F000002J9W?

 ファンド名称 eMAXIS バランス(8資産均等型)
 http://www.matonavi.jp/fund/F00000NAEH?

2014/02/12

カイジ 「命より思いお金の話」副題 この世にはかつ人だけが知っている残酷なルールがある。読んだよメモ2

カイジ 「命より思いお金の話」副題 この世にはかつ人だけが知っている残酷なルールがある。

著経済ジャーナリスト 小暮太一
読んだよメモ続き

カイジのギャンブルから学ぶ勝負の世界
ちとここにギャンブルの期たちが書かれていますが以下のようになっていました。
ギャンブル内容と期待値(投資家取り分)
競馬 75円
競輪 75円
協定 75円
宝くじ 40〜50円
ロト6 40〜50ん
ルーレット 95円
ブラックジャック 96〜102円
スロットマシン 92〜97円
パチンコ 92〜97円

胴元が残りをとる、つまり胴元が基本的に儲かるばくちばかりということがわかります。
金を動かすとそれだけ、儲かるか?儲からないか?を考える必要がある。
参加費用が高いゲームは勝っても負ける。つまりこれも胴元がとる分だけでえていることばだ新しいいに誰かが負けるということです。

株式や投信の世界で話している内容と同じですよね。投信の世界は胴元の取り分がもっともっと減って、0.1%多いとか小さいとか?それくらいのレベルですよね。それと比べると宝くじや競馬は圧倒的に胴元の取り分が多いということですね。

毎月5万円を積み立てて20年後に1億とかも結構だまされていて、株式の世界で「不確定要素」を考えると株価自体が不確定要素で、確定している要素は「いくら抜かれるか?、運用費ようはいくらか?」ということだけです。想定リターンはいくらなのか?想定リターンを越えた際にどうなるか?

私が考える想定リスクというのは、どういう自体に資金がどこまで減るか?です。
つまりレバレッジヲかけているか?レバレッジヲかけている商品を運用資産に含んでいるか?が資金の運用方法になるかと考えています。

いかがでしょうか? その次が運用商品になります。ミュージックセキュリティに投資をしていません。

なぜか?

胴元の取り分が大きすぎるからです。取扱手数料がダントツで目立ちますが、出資総額の5.5%です。
胴元取り分は全体の費用としては、以下になります。

取扱手数料 出資総額の5.5%
運営手数料 出資総額の1.05%/年

です。資金が回らないところに回すという考え方はいいのですが、この最初の5%が無ければ?もっと圧倒的に少なければ参加してもいいかなと考えています。一時期参加するかどうか迷った結果参加しなかったり雄は単純にこの取扱手数料が高かったということでした。

考え方はとてもいいですね。


続きを読む