2013/11/28

第5回マネーの会「運用会社の投資哲学を学んでみよう!」~鎌倉投信編~に参加しましたメモ。(後半) 

2013年10月27日

第5回マネーの会「運用会社の投資哲学を学んでみよう!」
~鎌倉投信編~に参加しましたメモ。(後半) 

■会社の志。
3つの和をはぐくむ
価値観の広がりを持つ。
会話と言葉にあふれ夢や希望を分かち合う
人が集い言葉が集い、夢が集いそして輪が広がる

金融は役割機能でありそれを通じて、価値を提供できているか
ゼロ金利が20年通じています、預金は銀行にお金を化している。預金を通じて経済の中手か値として通じる20年間銀行はみなさんのお金に価値を生んでいない。それでいて金融機関は最高益を得ているということがおかしくないか?
もしかして、大切なお金をこれから成長するような企業や産業に本気でお金を循環する努力を怠っているのではないか。それがない中で金融緩和をしても 日本の経済社会をよくなっていくことはない。

預金という名前で富の再配分されないのであれば、お金はいきない。
お金を預ける我々が問題意識を持たなければいけない、ということを思わなくてはいけない。

鎌倉投信自身は、ゆい2101という公募の投信を運用して言うこと公募ですので1万円以上の投信を運用することしている。お金がいるときに換金して貰えればと思う、

続きを読む

2013/11/25

第5回マネーの会「運用会社の投資哲学を学んでみよう!」~鎌倉投信編~に参加しましたメモ。 

2013年10月27日

第5回マネーの会「運用会社の投資哲学を学んでみよう!」
~鎌倉投信編~に参加しましたメモ。 

主に投資哲学の説明は鎌倉投信鎌田社長からありました。


新井さん普段日本中の企業を回って投資先を探しているそれが入り口でポートフォリオを発掘している。
ガイアの夜明けで紹介されているので運用者が普段何をやっているかを感じ取ってほしい


投資(灯資)で広がる世界を感じてみよう


結果を得るというよりもどういう思いで志や真心が大事になっている。
運用責任者 新井は前の会社で同僚だった、BGIはイギリスの資産運用銀行の出身で、BGI時代、当時250兆円程度だった日本の国家のざっと4倍程度の運用をしていた
新井はトータル2,3兆円の運用をしていたが為替などは24時間動いている金融商品でストレス性の難病を患った。

続きを読む

2013/11/22

みずほ銀行驚異の改悪 マイレージクラブ

旧第一勧銀で口座を作り、今まで利用していましたが、もの凄い改悪にあいます。

もちろん、口座を作っている一は全員改悪になります。

■変更前
取引条件
・ クレジットカード有り または、10万円以上の預かりまたは住宅ローン
特典
ATM時間外手数料 みずほ銀行 0円
コンビニATM イーネット、ローソン、セブン銀行 0円(何回でも)
振込手数料 みずほ銀行 本支店 振込手数料 0円
カード発行手数料 0円
キャッシュカード補填 100万円まで補填
他行振込手数料105円割引

続きを読む

2013/11/18

NISA向けメモ バランスファンドを探して見ると以下のようなファンドがありました。

バランスファンドを探して見ると以下のようなファンドがありました。
■低コストタイプ
 eMAXISバランス(8資産均等型)信託報酬 0.53% 標準偏差 12.61(直近1年)
 eMAXISバランス(波乗り型)  信託報酬 0.53% 標準偏差 14.28(直近1年)
 三井TAM世界経済Index  信託報酬 0.525% 標準偏差 13.15 14.31(直近1年、3年)
 eMaxis全世界株式Index   信託報酬 年0.63% 標準偏差 15.58 19.84(直近1年、3年)

■高コストタイプ
 三井住友TAM コア投資戦略ファンド(安定型)  信託報酬合計 1.449% 標準偏差 6.05
 国際投信  トレンド・アロケーション・オープン 信託報酬合計 1.1515% 標準偏差 6.11

■その他枠
 鎌倉投信 結い2101              信託報酬等合計 1.05%  標準偏差 12.91 10.59 
 (直近1年、3年モーニングスターより)
 
 結い2101の値動きも標準偏差でみると1年間で12.91とeMAXIS 8資産均等タイプとほぼ変わらないような値動きにコントロールされていることがわかります。

 運用先についての検討で「単純」ではありますが、5年間運用することでリターンを最大的に享受することがNISAの目的かなと考えています。要は株式投資をした際に、「配当」の考え方が出てきますが、配当や債券のクーポンなどを長期間に得ていく、長期的な値上がりを目標としてそれなりの額を積み立てていくとなるとバランス型がいいかなと考えています。

2013/11/13

NPO法人 いい会社をふやしましょう ツアーにて石坂産業さんに伺いました。#高野登さん講演メモ 後半

2013年10月5日 NPO法人 いい会社をふやしましょう
いい会社の理念塾 現地視察 メモ

1.ご講演「石坂産業の歩み」石坂典子

2.ご講演 人とホスピタリティ研究所所長 高野登先生

3.当社施設見学
三富今昔語り部館 プラント各所


4.お食事会 バーベキュー
アミューズメントパーク
自然散策路、緑の回廊、くぬぎの森カフェ

■高野登さん講演メモ 後半

みんな「思い」を持っている。
思いを受け入れてくれる人が6割、ついていけない人が4割。
業者さんたちに対して理念を渡している、だから一緒にやってくれませんかというものを作って業者に渡して語り続ける。ふつう考えられない。全く違う世界でリッツカールトンが業者にオリエンテーションをしているが、最初から価値観がない人に対して全く違う価値観を提供している。
 社員に対しても4割ついていけないのに業者さんに対しても語っているのはすごいと思う。

■いい会社石坂産業さん
IMG_2372.jpg
■いい会社石坂産業さん
IMG_2371.jpg
■いい会社石坂産業さん
IMG_2362.jpg
■いい会社石坂産業さん
IMG_2346.jpg
■いい会社石坂産業さん
IMG_2345.jpg

続きを読む

2013/11/09

NPO法人 いい会社をふやしましょう ツアーにて石坂産業さんに伺いました。#高野登さん講演メモ 前半

NPO法人 いい会社をふやしましょう
いい会社の理念塾 現地視察 メモ

1.ご講演「石坂産業の歩み」石坂典子

2.ご講演 人とホスピタリティ研究所所長 高野登先生

3.当社施設見学
三富今昔語り部館 プラント各所


4.お食事会 バーベキュー
アミューズメントパーク
自然散策路、緑の回廊、くぬぎの森カフェ

■高野登さん講演メモ 前半

石坂さんの話を聞くのは3回目で、また5ページほどメモを取ってしまった。ひとことひとこと力がこもっていると思いきいてしまいました。

どういう話の聞き方をするかが大事に成ってくる。お茶を配ってくださった方〜伝わってくる作法とかいろいろな自分の感覚をフルにオープンにして感じることが大事になってくる。

例えば、石坂産業が今と全く違う業態に入ってった際に、すぽーんと、入っていった際、どこの業界でどんな仕事をしても、今起きている以上のことが起きると簡単にシュミレーションできる。
伊那食品工業の塚越会長が、 「まいったなーのひとこと」であらわしている。


■石坂産業入口
IMG_2295.jpg
■石坂産業入口
IMG_2296.jpg
■石坂産業入口
IMG_2297.jpg
■石坂産業入口
IMG_2298.jpg
■石坂産業入口
IMG_2299.jpg

続きを読む