2011/08/31

「がん保険を疑え 著 後田亨」読みました。

コモンズ投信さんのセミナーなどでお会いしており、旬なライター
の方だと思います。

売れているうちに本を出し続けるという「カツマー商法」ではなく、
一冊一冊書き下ろしているので、新しく教えて頂くことが多いです。

~以下メモ

がん保険について霊感商法とほぼ同じような違和感がある。
霊感商法のやり口
1.人が無視することが難しい「不安」や「恐怖」をテーマにする
2.「解決策」を提案する
3.お金を使わせる。


続きを読む

2011/08/28

個別株式とTOPIXと比較


個別株式もやっているので、幾つかYahooで対TOPIX的なものを書いてみます。
実際に1年前から持っていたわけではなく、直近のいい感じの下落局面で仕込
んだ個別株も含めて、TOPIXと比べています。

ここは、SBI証券が弱いところなのか・・・日本の証券会社が面白さでついていけ
てないのか、投信でも、全体でどーいったチャートになったか表示されると
面白さが有っていいのかもしれません。
(大幅にマイナスになっていると面白さがまったくないのかもしれませんが・・・)

結果は意外でした。
市場の平均がTOPIXになるのでTOPIXを下回る物が半分程度有るかと思ったの
ですが、意外な結果になりました。


続きを読む

2011/08/25

ECO名刺交流会に参加しました

8月20日日曜に参加したエコ名刺のムービーが出来上がりました!



私の個人名刺は、丸吉日新堂のバナナ名刺を使っています。
作り始めた頃は、バナナの皮っておなか減っている時に、香りをかぐと
モチベーションが上がる?と思って、購入しましたがまったく
香りはしないのですね。「もー、くんくんくんくん」です。

今では、アフリカの貧困のためと思っています。

アフリカのザンビアというところのバナナを採用されるとのことですが、
今までのアフリカの新興国との貿易は貿易と呼べるものではなく「資源採取」
だったとのことです。

バナナ名刺については、1日働いて必要な賃金の交渉を行ったうえで、
1日あたり「300円」が、ザンビアの適正な人件費だそうでお互いが
暮らしていく

HOKKAIDO BBQでの会合ではザンビアに出向いているペオさんのお話しを聞けて
大変ために成りました。

時々話しかけていただいたムービー作成者の小高 集さんも凄く気さくな方で、
矢向駅の話題にあわせていただいて有難うございます。


以上
2011/08/22

リスク資産で運用する投信について資金流入32%減の記事より

リスク資産で運用する投信について資金流入32%減の記事より
8月12日金曜朝刊よりメモ
---------------------------------------------------------------
欧米の財政問題や歴史的な円高が個人の投資信託の購入意欲を
鈍らせている。

リスク資産で運用する投信への7月の資金流入は前月から3割以上
減った。欧米の株式や債権などで運用する投信の成績が悪化すると
の懸念が強まったためだ。
8月に入り円が対新興国通貨で、大幅に上昇していることも運用の
足を引っ張っており、個人マネーの投信市場への流入は一段と細り
かねない情勢だ。
---------------------------------------------------------------

ちなみに、投信協会が11日に発表した7月の投信概況によると株式など
比較的価格変動が大きい資産で運用する株式投信は資金流入額が
「3970億円」と前月比32%減った。

とかかれているので、早速、調べてみました。

■投資信託協会 統計資料一覧 
 http://www.toushin.or.jp/statistics/statistics/

■投資信託概況 [7月中]
 http://data.toushin.or.jp/result/getuji/g5.pdf

これを見てみるといろいろな情報が分かって面白いのですが、
資産増減は、1.2兆円吹っ飛んでいったように書かれています。

3970億という数値が無いのですが、日経新聞はどこからこの数値を
持ってきたのだろう。


今、投資信託や株式の価値が考えられる中で、「資産を増やすための活動」
を「株式」等を通して行っていこうと考えると「いい経営」、「いい商品
への製版体制」、「いい社会関係を作れる会社」等など社会に必要とされる
企業は永続的に続いていくと思います。
2011/08/20

「[ニュース] S&Pが米国債を「AAプラス」に格下げ」について


「[ニュース] S&Pが米国債を「AAプラス」に格下げ」、このニュースが
出て、市場が大きく揺れて今日に至る。

この所、半年くらい置きに「悲観論」が出てきています。

今まで、アメリカのTB?国債の格付けについてサブプライムローン機器
の中「AAA」を維持し続けていて今更「AAプラス」に下がりました
が「今後どうなるのだろう」という情勢に対する不安から、ダウ、
ナスダック、日経、その他、全ての株式指数が同じように下がっていく
のを見ました。

政治不安や債務履行問題とはいえ、価値の変わらない企業は沢山有ります。

実は価値の変わらない良い企業、社会に必要とされる企業が多くあり、
消費者は、株価が急落しても人は生きていくために消費をし続ける
必要があるのかなと思っています。


■以下はネタです。

続きを読む

2011/08/17

臆病者のための株入門 著:橘玲を読みました


気になったことをまとめると「トーシロ投資法」についてです。


「トーシロ投資法」の考え方。

1.デイトレード
 メリット :ゲーム性が高く、一度はまると病みつきに
 デメリット:ゼロサムゲームなので、初心者の大半は敗退していく

2.個別株長期投資(バフェット流投資法)
 メリット :資本主義の原理に忠実なので、もっとも大きな利益が期待できる。
 デメリット:企業調査に次官と努力が必要

3.インデックス投資
 メリット :余りにも簡単で考える必要すらない
 デメリット:平均的にしか儲からない


★どこに投資をするべきか?
 ⇒自営業者でもサラリーマンでも投資以外の別の仕事をしていて余裕
  資金を株式市場で運用しようと考えているのであれば、世界市場
  ポートフォリオをすすめています。
  
  これから株式市場を体験する場合、リスクのとれる金融資産の八割
  を世界市場ポートフォリオに投資し、残りの2割をトレーディング
  や個別株式投資に割り当てるくらいが基本になる

  運用の基本は、国債と書かれています。日本国債と、米国債の組合せと
  今となっては米国債も物凄い不安ですが、、

  また、株式と債権の保有比率については、「正解は無い」と書かれ
  ています。
  「人生と同じく、投資のゴールも自分で決めるしかない」とのこと
  でした。


★その他にも多くが詰まったひとつの文庫本
 結果から書いてしまいましたが、その他に以下のことについても、
 それぞれ1~2ページさかれており、色々な投資のさわりが分かる
 一冊になっています。

 ・マコーウィッツ
 ・シャープ
 ・ジェイコム男
 ・オプション取引
 ・ウォーレンバフェット
 ・株式の値段の付き方
  株式の理論価格=1株利益/割引率
  株式投資において、割引率よりも1株利益の変動が株価に大きな影響を与える。

  株式投資とは
   ⇒1株利益を予想するゲーム
    ちなみに、1株利益については四季報の財務状況等から確認すること
    が簡単にできます。