2009/04/30

労働と投資と生活のバランス(ワークライフバランス)

労働と投資と生活のバランス(ワークライフバランス)

最近いくつか投資と労働、生活のバランスについてのブログがありました。

そのなかから、うさみみさんのブログにいくつかコメントしていました。

 
 仕事のスキルって何なのでしょうか?
 http://plaza.rakuten.co.jp/ryukunusamimi/diary/200902080000/


以下、矢向がコメントした内容。

僕が会社で働いていて思ったこと。プロジェクトマネジメント兼ネゴシエーター兼システム屋さんみたいな感じの仕事をしています。


続きを読む

2009/04/29

Google Book ETFとはなにか?北村一慶

Google Book ETFとはなにか?北村一慶


全217ページのうち、63ページだけGoogle bookに紹介されています。

~ここから抜粋
市場には、多くの参加者がおり、それぞれがアクティブに売買しています。そしてアクティブ運用者には、運用により市場平均よりも設けることのできた勝者もいれば、損をした敗者も常に存在します。

それらのすべての投資家の売買を合計したものが、市場平均、インデックスになるわけです。つまり、アクティブ投資家の平均が、インデックスです。

続きを読む

2009/04/28

【投信】タイトル「ノーロードだから安いは本当か?」

2008年5月号Zaiから

こういうことを言う人がいるから投信が怪しいと思われるのかもしれません
矢向のブログで何回か取り上げた「フィナンシャルプランナーのF」の解説がありました。

何か変な場所があるかどうかを見るわけではなく普通に見てました。
P124から、見た瞬間に「嗚呼、やっぱりこいつはだめだ。」っと思ってしまった。

~以下転載

タイトル「ノーロードだから安いは本当か?」

長期保有で、ノーロードがコスト高となるケースも

続きを読む

2009/04/27

安全な資産運用と危ない資産運用?

先日、カンさんの本を読んで久しぶりにインデックス投資を勉強しなおしたなぁと。。

(09/04/26)   【書評】日本人が知らなかったETF投資 カンチュンド(目次)

(09/04/25)  【書評】日本人が知らなかったETF投資 カンチュンド(読み途中)

インデックス投資などのように自分が思った信念を、何度も純粋に進めることが大事なのだと思いますが、何度も振り返るのに重要な本は、本当に何冊もないなぁと思いながらすごしています。


さて、いまさらですが2007年10月27日の東洋経済を読んで見ました。正直な所、恥ずかしい人が。世間的にはこういう人をファンドマネージャといったり、伝説のトレーダーというと思うと、すこしっびっくりです。

何が書かれていたかと思うと、

~ここから抜粋
サブプライムローン問題をきっかけに、資産バブルの起きる可能性が一段と高まった。オイルマネーなどで世界は今、過剰流動性状態にある。本来なら、各国中央銀行は、資金を吸収して、引き締め策をとらなければいけない。ところが、サブプライムローン問題が起き、反対に資金を供給してしまった。

~更に抜粋
私なら借金して不動産とNYダウを買う
今後、資産インフレがおきるとすると、個人はどのような運用をすればよいか。デフレが続いているときは資産運用を考えなくてよかった。現金が一番安全な市sなんだった。しかし、インフレになると現金が一番のリスク資産になる。

~ここまで抜粋

嗚呼、借金して不動産を買ってしまったのですか?2007年の10月にかったら今頃大損ですよ。このひと平気ですか?


本当に、ジョージソロスの投資アドバイザーなんですか?

自信満々に語るフジマキジャパンですが、投資をする場合やはり人の発想ではなく「いちば」の平均点にゆだねたほうが安全他ということを感じさせられる一言でした。




にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ ← 面白いと思ったらクリックをお願いします!○| ̄|_



敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
敗者のゲーム(新版) なぜ資産運用に勝てないのか
(2003/12/04)
チャールズ・エリス

商品詳細を見る


Copyright (C) silencejoker in YAKO TOWN This page is link free .
2009/04/26

ドブログ/我々NTT-D軍は、企業にお金を支払わせるサービスの検討を進めてきました


NTT-Dから発表のドブログ中止文について、言葉の裏側をよんでみました。

 復旧作業の終了を受け、今後のDoblogについて検討した結果、Doblog開設時の目的であ
る、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・
運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了
するという判断をいたしました。

→この言葉の裏側を読む。
 「元々、一般市民向けにサービスを続けるような暇も金もなく、我々NTT-D軍は、企業
にお金を支払わせるサービスの検討を進めてきました。」
 「そのため、今回のようなことで、貴様ら一般市民にとやかく言われる筋合いはないと
考え、ここでサービスを停止することとしました。無料ではじめたことは、停止のしやす
さ重視から元々検討しており、YahooやFC2の様な、コンシューマー向けの儲からないビジ
ネス体系で続けることに意味がないという結果になりました。」

~以下NTT-Dかはりつけ

続きを読む

2009/04/26

【書評】日本人が知らなかったETF投資 カンチュンド(目次)

おーぃ、カンさん!

の続き。。

矢向は全体的にこの本が好きです。何が好きかというと「堅くないところ」が好きです。全体的に納得できて、それでいて、ETFに全部突っ込みなさい良いですよ。というわけでもないところです。

全体としては、先進国ETFと新興国ETF、外国債券、MMFを組み合わせた資産運用を推奨されていて、そろそろ?2009年夏ごろ?、サブプライムがそこを打ちそうなので、これから資産運用を考えられている方にも、助走としては「金持ち父さん貧乏父さん」よりもお勧めです。

ロバートキヨサキは、家ころがしっぽくて、嫌いです。


以下、日本人が知らなかったETF投資の目次

序章 広く世界を見て見よう
 ~収益の機会を求めるということ

投資は合理的な行為?
 人生の中のさまざまな時間スパン
 株式市場の平均点をそのまま買うということ
 中国株式ETFを買いに香港に行く
 健全な欲の積み重ね

第一章 何故今、ETFなのか
 投資をシンプルに捕らえましょう
  投資の道具はたったの二つ
  市場の平均点をそのまま買う
  インデックス運用の効用
 ETFの基本丸かじり
 ETFのメリット丸かじり
  ETFのメリット
  その1色々なメリットがあります
  その2銘柄分散ができます
  その3いつでも値段がつきます
  その4品揃えが豊富です。

 ETFのデメリット
  そもそも分配金とは?

第二章 ETFを選ぶ楽しみ
 ETFを選ぶ楽しみ
  バーチャル名投資のたびです。
 ETF投資世界地図
 一国のみに投資するリスクとは
  リスクと付き合う方法
  地域別ETFが優れものなわけ
  世界を地域で捉えなおす
 先進国群と新興国群
 ホームバイアス現象

第三章 ETFを大胆に分配して見る
 ETFを大胆に配分する
 世界は二人の主役が支えます


第四章 ETFのリスクの抑え方
 ETFのリスクを抑える
 安全資産とリスク資産
 ポートフォリオの基本はこれだけ
 株式以外のETF・丸かじり

第五章 ETFを生かしたポートフォリオ

第六章 ユニークなETF
 ユニークなETF
 ETFの歴史

~ここまで


全体的に、目次から口語調で、普段の話し口調でのキャッチボールができる1冊になっています。
是非是非読んでいただきたい一冊になっています。



にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ ← 面白いと思ったらクリックをお願いします!○| ̄|_

日本人が知らなかったETF投資日本人が知らなかったETF投資
(2008/08/30)
カン・チュンド

商品詳細を見る


Copyright (C) silencejoker in YAKO TOWN This page is link free .
2009/04/25

【書評】日本人が知らなかったETF投資 カンチュンド(読み途中)

おーぃ、カンさん!

日本人が知らなかったETF投資 カンチュンドを読んでいます。まだ読み途中。実際は、ちょっと本が大きいので移動中に読みづらいため、なかなか進まない現状です。

楽天証券、山崎元さんの[資産運用]『超簡単 お金の運用術』 山崎元/朝日新書について、矢向は何回かブログに上げてきましたが、正直、本も小さいので移動中に読みやすくコメントしやすかったというのがあります。とはいえ、以前は通勤時にウォール街のランダムウォーカーを読んでいたのでそれまでと比べるとたいしたヴォリュームではありませんが、、。

自分が楽をすることを覚えてしまうと鞄が狭くなる。メンドいと思ってはいけないと感じてしまいます。

この本にタイトルをつけるとしたら「カンチュンド式! 資産運用の本当の方法」とか、「やわらか話術! 資産運用の本当の方法」とか矢向はつけたいです。


続きを読む