2014/11/15

SMT インデックスバランス・オープン 有価証券届出書 (PDF)らしいです。


SMT インデックスバランス・オープン 有価証券届出書
PDF)らしいです。


バランスファンドは以下の運用の容易性をもたらします。
・積み立て 500円~上限無限
・自動的にリバランス
・低コスト

投資に対するコストは以下のようになります。
 信託報酬 年率 0.54% 税抜き0.5%
  委託会社 年率 0.216% 税抜き 0.2%
  販売会社 年率 0.27% 税抜き 0.25%
  受託会社 年率 0.054% 税抜き 0.05%

こう見てみると販売会社のコストが尋常ないことがわかりますね。
半分も販売会社コストというのはちょっと運用に払っていると思っている人からすると、
尋常ではありません。


バランスファンドというと僕は以下のファンドと比較するようにしています

続きを読む

2014/11/10

コモンズ30 ファンドに頑張って欲しい2014


コモンズ30 ファンドについてですが、僕の投資している投信の中では本当に一番小さく
投資をしています。

ウェートを低くしている理由は、コンセプトと実務がLinkしていないことです。

2014年8月の彼らの運用報告書を見ていて個人的にびっくりしたことがありますが、
セブンアンドホールディングス」を組み込み始めました。

もちろん、セブンアンドアイホールディングスというと小売業界内で時価総額
No1企業ですので多くの投信が組み込んでいると思われます。

続きを読む

2014/03/17

EXE-i(エグゼアイ)エクスペンスレシオ(総経費率)の引き下げについて

FoFで今までは、割りだが感が多かったですがエグゼアイについては、運用費用の
値下げを随時嫉視していくのですね。
セゾン投信は値下げしていなかったような気が。。。

https://www.facebook.com/sbiamexei/posts/362634100545893

~ここからFB エグゼアイより

EXE-i(エグゼアイ)
【組入れETFのエクスペンスレシオ(総経費率)の引き下げについて】

EXE-i新興国株式ファンド、EXE-iグローバルREITファンドが組入れているETFの
エクスペンスレシオ(総経費率)が2月27日付で引き下げられました。

◎EXE-i新興国株式ファンド
基本投資割合90%の「バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF(VWO)」が0.18%から
0.15%へ。これにより投資者の皆様が実質的に負担する運用管理費用(信託報酬)は、0.027%
低減し0.4015%程度となりました。

◎EXE-iグローバルREITファンド
基本投資割合40%の「バンガード・グローバル(除く米国)不動産 ETF(VNQI)」が0.32%から
0.27%へ。これにより投資者の皆様が実質的に負担する運用管理費用(信託報酬)は、0.02%
低減し0.3915%程度となりました。

~ここまでFB エグゼアイより
2013/07/01

「投資にチャレンジ ポートフォリオの達人」 6月28日(最終日) 堅実型1位

WS000000_20130629130145.jpg


■eMAXIS 投資にチャレンジ ポートフォリオの達人
http://contest.muam.jp/

 投資にチャレンジ ポートフォリオの達人の堅実型 1位で終了。

 かなり、実感ないままの終了。仕事が忙しかったり、ポートフォリオですので
 周りを気にしてもしょうがないという考えがあったり中での終了でした。

続きを読む

2013/06/27

「投資にチャレンジ ポートフォリオの達人」 6月27日 堅実型 1位

WS000000_20130628084733.jpg

■eMAXIS 投資にチャレンジ ポートフォリオの達人
http://contest.muam.jp/

 投資にチャレンジ ポートフォリオの達人 の参加もとうとう最後の日になって
しまいました。
締切前日ですがとりあえず堅実型の1位に位置しています。ある意味、長い
あいだ一位で、結構恥ずかしかったりしています。

中くらいでそのままゴールみたいのを想定していたのです。。。

特に変わった株式、債権比率をしていたわけではないし
見ていただくとわかると思いますが「誰でもが作れるアセットアロケーション」を
作ったつもりで、人に紹介するときにこんな感じでどう?っと進めたいと思って
いました。


ウォール街のランダムウォーカと敗者のゲーム
■↓↓下記はお勧め本のウォール街のランダムウォーカと敗者のゲームです。
 私自身も多くを学びました。

2013/03/24

インデックス投資についてとうとう終わりか?という商品が出てきそうですね。


 インデックス投資についてとうとう終わりか?という商品が出てきそ
 うですね。

 僕は、「SMTグローバル株式インデックス・オープン」など旧STAM系は
 もの凄く「ダサい」と思っていたんですね。
 やっていることが、まわりの個人向け金融商品が値下げをしたらそれに
 追随して、「しょうがなく値下げ(信託報酬の引き下げ)」をしている
 だけの商品になっていると思っていました。

 信託報酬や仕組みを思い切って変えることができない、行き詰った金融商品
 といったイメージです。

 インデックス投資ナイトで今年も「6位」に入っていましたが物凄くダサい
 ですね。
 
 周りに安い金融商品がなければ、無理に値下げすることなく金融商品と
 して同じ値段で販売(信託報酬)していたでしょう。

>EXE-i 先進国株式ファンド
 以下をFoF形式で提供するとのこと
 1. シュワブU.S. ブロード マーケット ETF 60%
 2. バンガード・MSCI・ヨーロッパETF   30%
 3. i シェアーズ MSCI パシフィック(除く日本)・インデックス・ファンド 10%

 http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/fund/fd01.html

 ⇒実質的な負担 0.3515%
 
>EXE-i 新興国株式ファンド
 以下をFoF形式で提供するとのこと
 1. バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF 80%
  ⇒新興国株式市場全体の動きに連動する投資対象ファンド
 2. i シェアーズ・MSCI・エマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティ・
  インデックス・ファンド 20%
  ⇒新興国株式市場全体(低ボラティリティ型)の動きに連動する投資対象ファンド

  http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/fund/fd02.html

  ⇒実質的な負担 0.435%

>EXE-i グローバル中小型株式ファンド
 以下をFoF形式で提供するとのこと
 1. バンガード・スモールキャップETF
  ⇒米国の中小型株式指数に連動する投資対象ファンド
 2. i シェアーズ MSCI EAFE・スモールキャップ・ETF
  ⇒米国を除く先進国の中小型株式指数に連動する投資対象ファンド
 3. ウィズダムツリー・エマージング・マーケット・スモールキャップ・ディビデンド・ファンド
  ⇒新興国の中小型株式指数に連動する投資対象ファンド

  http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/fund/fd03.html

  ⇒実質的な負担 0.515%

>EXE-i 先進国債券ファンド
 以下をFoF形式で提供するとのこと
 1. バンガード・米国トータル債券市場ETF
  ⇒米国の債券指数に連動する投資対象ファンド 60%
 2. i シェアーズ・S&P シティグループ世界国債(除く米国)・ファンド
  ⇒米国以外の債券指数に連動する投資対象ファンド 40%
 
  http://www.sbiam.co.jp/EXE-i/fund/fd04.html

   ⇒実質的な負担 0.4415%

ウォール街のランダムウォーカと敗者のゲーム